大学のあゆみ

沿革

110年前から受け継がれてきた
実工学教育の歴史
1907(明治40)年、日本工業大学の始原となる東京工科学校が設置認可を受け、東京文京区小日向に創立されました。同校は1931(昭和6)年に財団法人東京工科学校を設立し、東京工業学校を併設しました。戦後の学制改革の中、東京工業学校は1948(昭和23)年に東京工業高等学校へと生まれ変わり、前年に設置認可を受けた東工学園中学校とともに学園の礎を築きました。法人はこの間、1935(昭和10)年に財団法人東工学園に改称し、1951(昭和26)年に私立学校法施行に伴い学校法人へと移行。1967(昭和42)年の学園創立60周年を機に、日本工業大学を開学しました。
■年表
  • 昭和42 1967
    日本工業大学開学[機械工学科、電気工学科、建築学科]
    昭和44 1969
    校舎本館(1~3号館)完工
    昭和50 1975
    学科開設[システム工学科]
    昭和52 1977
    学園創立70周年記念事業:大学前庭造園工事完工
    昭和53 1978
    緑化推進運動「グリーン・キャンペーン」開始
    昭和56 1981
    緑化推進運動(最終年度)完了、「観樹会」開催
    昭和57 1982
    大学院工学研究科修士課程設置[機械工学専攻、電気工学専攻、建築学専攻]
    昭和62 1987
    大学院工学研究科博士後期課程設置[機械工学専攻、建築学専攻]
    電気工学科を電気電子工学科に名称変更
    学園創立80周年記念事業:学友会館完工
    平成元 1989
    大学院工学研究科博士後期課程設置[電気工学専攻]
    平成 2 1990
    学校法人名称を「学校法人東工学園」から「学校法人日本工業大学」に変更
    平成 4 1992
    留学生別科日本語研修課程設置
    平成 5 1993
    大学院工学研究科修士課程設置[システム工学専攻]
    平成 7 1995
    学科開設[情報工学科]
    大学院工学研究科博士後期課程設置[システム工学専攻]
    平成 9 1997
    学園創立90周年記念事業:スチューデントホール完工
    平成11 1999
    大学院工学研究科修士課程設置[情報工学専攻]
    本学とベルギーのべカルト社との合弁会社「ベキニット株式会社」の視察のため、同国のフィリップ皇太子が来学
    平成12 2000
    太陽光発電システム(300kW)設置
    大学院工学研究科博士後期課程設置[情報工学専攻]
    平成13 2001
    国際環境規格ISO14001をキャンパス全域で認証取得
    平成17 2005
    神田キャンパス(東京・神保町)に大学院技術経営研究科(専門職大学院)技術経営専攻設置
    平成19 2007
    学園創立100周年・大学設立40周年記念式典挙行
    学園創立100周年記念事業:LCセンター(百年記念館)完工
    平成21 2009
    学科開設[ものづくり環境学科、生活環境デザイン学科]
    名称変更[システム工学科を創造システム工学科に変更]
    平成25 2013
    大学院工学研究科博士前期課程を4専攻に改組[環境共生システム学専攻、機械システム工学専攻、電子情報メディア工学専攻、建築デザイン学専攻]
    第5回エコ大学ランキングで私大1位・全国総合3位
    平成27 2015
    大学院工学研究科博士後期課程を4専攻に改組[環境共生システム学専攻、機械システム工学専攻、電子情報メディア工学専攻、建築デザイン学専攻]
    1967年:設立認可の日、達磨に目を入れる設置事務局
    1981年:観樹会での記念植樹
    1999年:ベルギー王国のフィリップ皇太子来学
    2000年:太陽光発電システムが稼動開始
    2005年:東京神保町に神田キャンパスを開設
    2007年:100周年記念式典挙行(於 帝国ホテル)
    2007年:LCセンター(百年記念館)竣工