中村修二教授 講演会

■演題
高効率青色発光ダイオードの発明とその後
■講師
中村修二教授・博士(工学)
カリフォルニア大学サンタバーバラ校工学部
■日時
10月19日(木) 11:00~12:30 (10:15開場)
■会場
日本工業大学体育館(交通案内
※ 東武動物公園駅 並びに 新白岡駅よりスクールバスを運行しております。
※ スクールバスの新白岡駅便は混雑が予想されます。東武動物公園駅便をご利用ください。
※ お車での来学はご遠慮ください。
■参加費
無料
■参加申込方法
以下のフォームからお申込みください。
本学在学生は申込不要です。
■申込受付期間
9月1日(金)~22日(金)
■主催
学校法人日本工業大学
■共催
一般社団法人日本工業大学工友会
■お問合せ先
日本工業大学 大学50周年記念事業委員会 大学行事部会
〒345-8501埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
TEL. 0480-33-7712
Eメール. nit_50th@nit.ac.jp
■講師プロフィール
1954年5月、愛媛県伊方町大久で生まれる。
1979年、徳島大学大学院工学研究科修士課程修了。
1979年から1999年まで日亜化学工業に勤め、1988年4月から1年間フロリダ大学に客員研究員で派遣された。
帰国後の1989年4月から青色発光ダイオードの研究に着手、1992年に、世界で初めて高品質lnGaNの結晶成長に成功して、lnGaN を活性層とする、青色発光ダイオード、青紫色半導体レーザーダイオード等を可能とする技術を開発した。
日亜化学工業を退社後の2000年にカリフォルニア大学サンタバーバラ校・材料物性工学科の教授に就任し、現在に至る。
2014 年10月にノーベル物理学賞を受賞。200 件以上の米国特許、300件以上の日本特許を所有し、550件以上の科学論文を執筆している。