日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

キャンパスライフ

傷害保険

本学では、学生生活における傷害事故に備え、全学生を対象に「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」ならびに「学生団体傷害総合保険」に加入しています。保険料は授業料と一緒に大学に納めていただいています。

≪保険金が支払われる場合≫

学生教育研究災害傷害保険(学研災)

本学の教育研究活動中の急激かつ偶然な外来の事故により身体に傷害を被った場合、対象となります。

教育研究活動とは、以下の場合を言います。

(1) 正課中
指導教員の指示に基づき、講義、実験・実習、演習、または実技による授業を受けている間。
(2) 学校行事
大学の主催する入学式、オリエンテーション等、教育活動の一環として学校行事に参加している間。
(3) 学内休憩中
大学が教育活動のために所有、使用、管理している学校施設内にいる間。(但し、大学が禁じた時間、場所、行為を行っている間を除く。)
(4) 課外活動中
大学の規則に則った所定の手続きにより、大学の認めた学内学生団体の管理下で行う体育・文化活動を行っている間。(但し、学校施設外については大学に届け出た活動に限る。)
(5) 通学中
大学の授業等、学校行事または課外活動への参加の目的をもって、合理的な経路および方法(大学が禁じた方法を除く。)により、住居と学校施設等との間を往復する間。

学生団体傷害総合保険

(1) 正課中、課外活動中の傷害はもちろん、日常生活での傷害も対象になります。(24時間いつでもOK

(2) 治療日数が1日でも対象となります。

(3) 実際に負担した医療費の金額が保険金額の範囲内で支払われます。(医療実費支払い
※但し、交通事故等で医療費が他より支払われる場合は、その額を除く。

≪保険金が支払われない場合≫

学生教育研究災害傷害保険(学研災)

疾病、故意、自殺・闘争・犯罪行為、地震、噴火、津波、戦争、暴動、放射線・放射能による傷害、無資格・酒酔運転、学校施設外の課外活動で危険なスポーツ(山岳登はん、ハンググライダ-、スカイダイビング等)を行っている間。
むちうち症や腰痛で他覚症状のない場合。
通学中であっても、授業等への参加とは関係のない目的の場合及び経路を逸脱・中断した場合等。

学生団体傷害総合保険

疾病、故意、自殺・闘争・犯罪行為、地震、噴火、津波、戦争、暴動、放射線・放射能による傷害、無資格・酒酔運転、危険なスポーツ(山岳登はん、ハンググライダ-、スカイダイビング等)を行っている間。むちうち症や腰痛で他覚症状のない場合等。

もし、事故などによって
ケガをしたら!!学生支援課へ

手続きの流れ 学生教育研究災害傷害保険 学生団体傷害総合保険

事     故

事故の
届け出
学生支援課へ
「事故通知ハガキ」の受領・提出
(事故日より30日以内に提出)
学生支援課へ
保険受付表記入
治療・完治 学生支援課へ
保険金請求書の受領
学生支援課へ
保険金請求書の受領
本人記入
保険金請求書
の記入
医療機関へ
請求金額が10万円を超える場合に
診断書が必要
医療機関へ
領収書(原本)受領
保険金請求書
の提出
本人記入
学生支援課へ
本人記入
NITクリエイト
保険金の
受け取り
銀行振込 銀行振込

ご不明な点は、学生支援課窓口までお問い合わせ下さい。