日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

キャンパスライフ

留学生サポート

経済支援について(留学生)

私費外国人留学生授業料減免奨学金制度

私費外国人留学生授業料減免奨学金(授業料減免奨学金)の制度は、私費外国人留学生のうち、学業、人物ともに優れ、経済的理由により就学が困難な者に対し授業料を減免し、経済的負担を軽減することによって学修活動の充実を図ることを目的としています。減免される額は、入学の時から1ヶ年以内として上限200,000円です。
授業料減免奨学金を希望する人は、入学学期の始めに授業料減免奨学金の申請をする必要があります。授業料減免奨学金の申請窓口は、学生支援課です。

◆春季入学の場合
入学時の春学期の始めに授業料減免奨学金申請のための手続きを行います。
申請にあたっては、「私費外国人留学生授業料減免奨学金申請書」の提出のほかに、パスポート・在留カードの他、学生支援課が指定する書類を提出します。
申請後、学内の委員会で審査を行い、授業料減免者を決定します。
春学期の減免奨学金分は、秋学期の学費へ充当します。
◆秋季入学の場合
入学時の秋学期の始めに、授業料減免奨学金申請のための手続きを行います。
申請にあたっては、「私費外国人留学生授業料減免奨学金申請書」の提出のほかに、パスポート・在留カードの他、学生支援課が指定する書類を提出します。
申請後、学内の委員会で審査を行い、授業料減免者を決定します。
入学時の学費の納入にあたって、秋学期分については学費全額を納入してもらいますが、年度中に100,000円を返還します。次年度春学期分については、授業料を減免します。
◆授業料減免が適用されないケース
次のいずれかに該当した場合は、授業料減免奨学金は適用されません。
(1)傷病などのため、成業の見込みがないと認められたとき。
(2)長期間にわたり欠席し、学業継続の意思がないと認められたとき。
(3)学業成績および性行不良であると認められたとき。
(4)学則に定める懲戒事項に該当したとき。
(5)その他減免奨学生として不適格と認められたとき。

外国人留学生のための奨学金

学生支援課では、外国人留学生のために各種の奨学金を紹介しています。
募集要項等を学生支援課(留学生)の掲示板に掲示します。主な奨学金は、次のとおりです。

<国費外国人留学生(学部留学生)>
(2016年度実績)
  • (1)応募資格

    渡日時までに、学校教育における12年の課程を修了した者又は高等学校に対応する学校の課程を修了した者

  • (2)支給期間

    1年間

  • (3)支給金額

    117,000円(月額)

  • (4)採用実績

    1名

  • (5)募集時期

    11月

<私費外国人留学生学習奨励費>
(2017年度実績)
  • (1)応募資格

    学業・人物とも優れ、かつ留学生活を続けていくために経済的援助が必要な者

  • (2)支給期間

    1年間

  • (3)支給金額

    学  部 48,000円(月額)
    大学院 48,000円(月額)

  • (4)採用実績

    学  部  1名
    大学院  1名

  • (5)募集時期

    4月

<ロータリー米山奨学金>
(2017年度実績)
  • (1)応募資格

    日本の大学に在籍する外国人留学生で学部3年次以上、大学院博士前期課程、同後期課程2年次以上に在籍の者で、奨学会の規約を遵守できる者

  • (2)支給期間

    課程終了の2年間まで

  • (3)支給金額

    学  部 100,000円(月額)
    大学院 140,000円(月額)

  • (4)採用実績

    大学院 1名

  • (5)募集時期

    8月下旬から9月下旬

上記以外の奨学金についても、大学に募集があった時点で、掲示板により通知します。

住居

新しい住居を探したいときや現在の住居からほかの住居に移りたいときは、大学内にある(株)NITクリエイト・不動産部へ行き、探すのが便利です。
入居時には、家賃・共益費のほか礼金、敷金がかかるのが、一般的です。

◆留学生住宅総合補償制度
一般的に、日本で民間のアパート・住宅等を借りる時、入居のための保証人が必要ですので、必要な連帯保証人が見つからない場合は、学生支援課に相談に来てください。日本工業大学では一定の条件を満たした場合、留学生のためアパート賃貸借契約に必要な連帯保証人を引き受けています。
1年間の保険料は4,000円、2年間の保険料は8,000円です。