日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

キャンパスライフ

留学生サポート

医療・保険について

健康管理

外国人留学生は、母国の文化や習慣の異なる日本で生活していくためには、何よりも健康であることが必要です。健康には十分留意しましょう。大学には、次のような施設があります。

◆医務室
体育館の脇に、「健康管理センター」があり、その中に医務室があります。医務室には、看護師が常駐しています。軽微なケガや初期の風邪程度なら治療ができますし、健康相談にも応じています。そのほかにも、定期的(水曜午後 3時~5時)に医師による健康相談も行っています。無料ですので、気軽に利用してください。
◆健康診断
外国人留学生は、大学が行う定期健康診断を、毎年、必ず受けなければなりません。この定期健康診断は無料です。奨学金などを申請するときや日本で就職試験を受けるときに、「健康診断書」が必要となる場合があります。医療機関等で健康診断をすると、高額な料金を負担することになります。

国民健康保険

日本に在留中に、病気やケガをして医療機関で治療を受けた場合、高額な医療費を自己負担しなければなりません。医療費の負担を軽くするためには、「国民健康保険」に加入することをおすすめします。「国民健康保険」に加入すると、医療機関で治療を受けた場合に本人が支払う費用は、治療総額の30%ですみます。
本学では、別途傷害保険に一括加入していますので、ケガをしたときは、学生支援課に申し出てください。

◆国民健康保険に加入するには
居住する地域の役所の「国民健康保険担当課」に行き、申し込んでください。国民健康保険に加入するためには、保険料を支払う必要があります。保険料については、基準に該当すれば保険料が軽減されることがあります(法定軽減措置)。担当課で手続きをしてください。