日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

センター・付属施設

産学連携起業教育センターIndustry-University Cooperation and Entrepreneurial Education Center

強まる産学連携の動きに
企業と大学を結ぶ窓口として活動しています

日本工業大学では従来から一貫して産学交流を進めてきましたが、大学の持つ優れた研究開発能力と高い感性に基づくものづくり技術能力をより一層、日本の技術社会に具体的に役立てる目的で、1998(平成10)年に創設した産学リエゾンセンターを発展的に改組し、2006(平成18)年より産学連携起業教育センターとして、より積極的に活動しています。企業の技術開発への多彩なニーズに応えるため、あらゆる専門分野の技術相談の受け入れ、幅広い産業交流ネットワークの育成などの事業を実施しています。
柳澤章理事長(前機械工学科・教授)が開発した金属繊維製造技術を基に、ベルギーの国際的鋼線メーカーのベカルト社と共同出資で1997(平成9)年設立のベキニット(株)は、キャンパス内の一画に設けた工場で製品を製造し、広く海外にも輸出しています。また訪問技術相談の開催や日本工業大学技術ネット(NITネット)の構築など、産学連携による技術交流の活性化を図るために多彩な活動を展開中です。

ポイント

  • ●企業からの技術相談、試作品の製作・試験の実施、技術開発の受託を受け入れている。
  • ●学内に産学共同研究ラボを設け、企業の研究開発拠点として開放。
  • ●社会人のリフレッシュ教育、長期の研究生の受け入れを推進。
  • ●幅広い産学ネットワークを組織している。
  • ●全国で活躍している卒業生への技術支援活動を展開。

パンフレットはこちら(PDF形式 1.5MB)

日本工業大学産学連携起業教育センター主催
学生起業家育成支援プログラム

~第13回ビジネスプランコンテスト~

一次審査通過者発表
一次審査通過者リスト(PDF)

あなたのアイデア(ビジネスプラン)を将来の起業に向けて、試してみませんか?
日本工業大学産学連携起業教育センターでは、学生起業家育成支援プログラム「ビジネスプランコンテスト」を2006年度からスタートさせました。起業に興味があり、自分のアイデアを実現させたいなど。チャレンジの場が用意されています。優れたビジネスプランは、日刊工業新聞社が主催するCVG2018(キャンパスベンチャーグランプリ)へも応募手続きをとります。また、優秀賞の中で、そのプランを実現させる意欲があり、実施するものには様々な支援を行います。個人またはグループ(3名まで)で提案するビジネスプランを奮って応募してください。

-->
【一次審査応募】 2018年7月17日(火)16時
【一次審査発表】 8月2日(木)15時
★一次審査は、書類審査により、通過者は、二次審査に進みます。
【二次審査応募】 10月1日(月) 16時
【二次審査発表】 10月5日(金)15時
★二次審査は、書類審査により、通過者は、プレゼンテーションの最終審査に進みます。
【最終審査・表彰式】 2018年11月5日(月)学友会館ホール
【問合せ先】 産学連携起業教育センター(E8棟)
電話:0480-33-7522(月・火・木・金 10:00~17:00)
E-mail: sangaku@nit.ac.jp
【詳しくは】 https://www.nit-bc.com/bpc2018/