日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

環境コミュニケーションの推進環境活動に関する資料

環境関連情報の発信拠点としての役割とコミュニケーションを通じた環境マインドの醸成

環境報告書などの発行

 本学の環境への考え方や姿勢、諸活動について、さまざまな立場の方にご理解をいただくために、環境報告書やホームページにより環境情報を開示してコミュニケーションをはかっており、ご意見は環境マネジメント活動に反映していきます。

■環境関連情報を掲載した刊行物
 2001年より毎年発行している「日本工業大学環境報告書」、「NITエコロジープレス」は学内外と日本工業大学を結ぶ重要なツールです。環境報告書では、本学の単年度又は中期計画における環境への取り組み、実践効果について情報発信しています。当NITエコロジープレスは、環境共生意識の普及・啓発をはかることを目的として学生、教職員、父母、地域住民、教育・研究機関、企業、環境NPO、自治体等に配布しています。
タイトル 内 容 発 行
日本工業大学通信 教育・研究活動等全ての活動を対象にした総合広報誌(環境面も掲載) 年6回
太陽光発電システム
(資料12345
国内大学No1、最大発電能力313.1kw大陽光発電システムの概要 2000/4
日本工業大学環境報告書 環境マネジメント活動実践結果報告 毎年10月
エコロジープレス No.1
キャンパス全域を対象としたISO14001認証取得。環境保全への取り組みからEMS構築へ 2001/7
エコロジープレス No.2
ISO認証取得記念講演会。2001年度環境報告。学生環境改善活動の始動 2002/4
エコロジープレス No.3
学生による主体的な環境改善活動の概要 2003/1
エコロジープレス No.4
エコ・ミュージアム推進。第1次中期計画の総括。環境分野研究の成果報告 2004/2
エコロジープレス No.5 環境コミュニケーション。社会・地域との連携、協働 2005/4
エコロジープレス No.6
環境マネジメントシステム・バージョンアップ 2006/4
エコロジープレス No.7 環境マネジメントシステムのさらなる進化に向けて 2007/4
エコロジープレス No.8 PDCAサイクルの適用による「第1次キャンパス全域の施設実査」 2008/4
エコロジープレス No.9 PDCAサイクルの適用による「第1次キャンパス全域の施設実査」完了 2009/4
エコロジープレス No.10 PDCAサイクルの適用による「第2次キャンパス全域の施設実査」スタート 2010/4
エコロジープレス No.11 「第2回エコ大学ランキング」で私立大学部門1位 2011/4
エコロジープレス No.12 ものづくり環境学科棟エントランスリニューアルオープン! 2012/4
エコロジープレス No.13 「第4回エコ大学ランキング」全国総合順位第一位受賞 2013/4
エコロジープレス No.14 「第4回・第5回エコ大学ランキング」私立大学部門2年連続第一位受賞 2014/4
エコロジープレス No.15 第6回エコ大学ランキング「5つ星エコ大学」を受賞 2015/3

■ホームページ
 より多くの方にダイレクトに情報をお伝えするため、ホームページに環境サイトを開設しています。当サイトでは、環境保全活動について様々な取り組みを詳しく紹介しています。また、過去全ての環境報告書や、NITエコロジープレスの内容を体系化し、わかりやすくまとめています。メールでも環境に関するご意見や話題をお受けしています。(サイト内NIT OPEN DOORをご利用ください)

 

環境関連情報の発信と啓発

~環境教育シンポジウム~

※工学の視点から環境問題に真剣に取り組む大学、
「環境」が学べる大学として高い評価を得ている
本学は、教育理念の一つである「環境・共生社会
への貢献」を実現できる技術者の育成を目指して
いる。

日本工業大学特別環境講演会
(環境教育検討部会 企画)

「最近の光エコ技術
 ~LEDから人工光合成まで~」


◎大澤 正久 氏 
◎理化学研究所 所属

■司会:佐藤 杉弥 氏
   (共通教育系教授、環境教育検討部会長)
■日時:平成27年1月17日(土)15:00~17:00
■場所:日本工業大学学友会館ホール