日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

日本工大の取り組み

環境教育と教育・研究環境を充実するための推進環境活動に関する資料

~持続的発展が可能な社会の実現を担いうる人材を育成~

ISO-16年度 環境マネジメント活動報告

■2016年4月~2017年3月

 ISO-16年度における環境マネジメント活動は、目標をほぼ達成しました。特にエネルギーの削減は、東日本大震災以降から継続している省エネへの取組みや施設・設備改善の大きな効果がでています。一方、上水使用量の削減は、基準値を下回ったものの目標は未達成でした。廃棄物については従来の削減数値目標を廃止し、3Rによる減量化・資源化の排出制御を新たな目標としました。以下に具体的な活動の一部を紹介します。
■省エネへの取り組みと施設・設備の改善
 節電ポスターの掲示、空調の中間期完全停止、外気温度による空調運転制御、棟別に30分間の内5分間空調遠隔停止などを昨年に引き続き実施。また14号館及びE1棟の照明をLED化。さらに9号館南面の窓ガラスに遮熱フィルム(アルビード)を貼付、その結果CO²排出量の20%削減目標に対し21%削減となり目標を達成しました。
■廃棄物の排出抑制
 新棟建設に伴うクラブ棟解体や退職教員の研究室引き渡しに伴い、再利用が可能な備品等について倉庫に一時保管し、リユースを呼び掛けました。
■教育
 環境方針カードや緊急連絡・行動カードの配布、高圧ガス・化学物質取扱い講習会や環境特別講演会など学生や教職員に環境意識の普及と啓発を目的に実施をしました。また従来実施している年2回の防災訓練に加え、1年生を対象とした避難訓練を今年度より実施しました。 
詳細は、本学HPをご覧ください。
http://www.nit.ac.jp/

ISO14001定期サーベイランス審査報告

~本学環境マネジメントシステムは「適合」環境活動も継続的に維持、改善~

▼2日間にわたり行われたサーベイランス審査

2日間にわたり行われたサーベイランス審査

 平成28年5月17日・18日の2日間、環境に関する国際標準規格ISO14001の審査機関であるJACOより、3人の審査員を迎え「法的及びその他の要求事項の順守」「目的目標に関するシステムとパフォーマンス」「内部監査の有効性」「マネジメントレビューの有効性」を中心に3年に1回の更新審査が行われました。審査の結果、本学のマネジメントシステムは規格要求事項に適合し、有効に実施されていると認められました。また、環境活動は教職員および学生まで浸透し、キャンパス全体で成果を共有して外部へ発信するなど、この3年間継続的に維持・改善されていると判断されました。特に平成27年度には、エネルギー管理優良事業者として「関東経済産業局長表彰」を受賞、サステイナブルキャンパス評価システム(ASSC=アスク)で「ゴールド」に認定されるなど、教育界や地域における活動の成果が高く評価されました。さらには、学生環境推進委員会が中心となって行っている宮代町民祭り、こども大学みやしろ、宮代町内清掃、利根川強化堤防の森づくりへのボランティア参加、三大学交流会実施なども好評価を得ました。その一方、改善点として、ISO組織の各部門が行っている有益な取組みが、利害関係者にあまり周知されていないとの指摘がありました。この指摘を踏まえ、さらに環境保全活動を活性化し、本学全体のモチベーション向上に繋がるように取組みを継続していきます。