日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

日本工大の取り組み

平成27年度 後援会特別事業環境への取り組み

【キャンパスリニューアル】中庭池造成工事

中庭池造成工事

8月初旬~10月末日に掛け、平成27年度後援会特別事業の「本館東側中庭池造成工事」が完工しました。本事業は、今まで素掘りだった湧水池を新たな中庭池に整備するもので、周囲にある既存の樹林帯を最大限に活かす形状で設計しました。また、池水の浄化を目的に、吸リン剤や水草を利用した濾過方式を取り入れた循環装置を設け、水質の維持を可能にし、生物群集の生息空間(ビオトープ)を作り出したことにより「生物多様性・生命の環」を学ぶ場としても大いに活用できると考えています。さらに、循環水配管の吐出側に隣接する「災害時用マンホールトイレ(既存)」の管路洗浄水や緑地用散水として複数の蛇口も設けました。このほか、池周囲の遊歩道の舗装には、大学内の樹木剪定時に発生した木・枝をチップ化したものを敷き詰め、自然と調和した優しい雰囲気になりました。今回の事業とあわせて、遊歩道と建物間に、既存の西側池と一体感を保つため同種の低木や地被類で緑地帯を整備し、庭園灯も新設したことで、心和む空間を演出できました。今後もサステイナブルキャンパス構築の1つとして推進・維持・管理を行っていきます。