日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

大学院 工学研究科 機械工学専攻

博士後期課程

博士後期課程機械工学専攻は、設計工学・材料工学・生産加工学の3 研究部門からなり、最先端の研究・技術開発に取り組みます。また、それにふさわしい、高度の専門的知見と広い視野をあわせもつ、開発技術者および研究者を養成します。

設計工学研究部門

製品設計を、安全性、環境負荷、省資源などさまざまな視点から捉え、生産現場を刷新できる研究・技術開発に取り組みます。

材料工学研究部門

工業製品に飛躍的な性能向上をもたらす新材料の開発を目的に、材料設計や表面改質技術の開発、信頼性確保のための破壊特性評価技術の向上に取り組みます。各種環境規制に適合した材料開発にも挑戦します。

生産加工学研究部門

新素材ならびに各種高機能材料の加工技術を、広範囲にわたって研究・開発します。具体的には精密切削、金属繊維の製造・成形加工、塑性加工、プラスチック成形加工などの生産加工技術について、高度化・高機能化を推進します。