日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介建築学科Architecture

教授/三坂育正三坂研究室[屋外温熱環境]
  • MISAKA, Ikusei
教授/三坂育正
プロフィール
  • 昭和42年3月生まれ、博士(工学)
    平成3年3月 筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
    平成14年3月 九州大学大学院博士課程総合エネルギー工学研究科修了
    株式会社竹中工務店技術研究所主任研究員を経て現職

専門

建物屋外温熱環境 建築環境工学

研究テーマ

屋外温熱快適性の評価に関する研究、ヒートアイランド対策技術の熱収支特性に関する研究

社会的活動

日本建築学会 環境工学委員会 クールルーフ推進小委員会 委員(平成23年4月〜現在)
日本建築学会 環境工学委員会 伝熱小委員会 都市・建築環境WG 委員(平成23年4月〜現在)
雨水流出抑制・ヒートアイランド緩和に関わる研究の有識者委員会 委員(平成22年7月〜現在)

メッセージ

地球温暖化やヒートアイランド現象の進行によって、特に夏における屋外空間の暑さが顕著となり、熱中症や熱帯夜の問題など、都市における生活や活動が難しくなってきています。屋外の空間は、室内のようにエネルギーをかけて冷房することには無理があります。そこで、ゼロエネルギーやローエネルギーな技術によって涼しく快適な空間を創り出し、少しでも多くの人が快適に活動できる空間を作りたいと考えます。快適なまちづくりに興味を持ち、多様なアイデアを生み出せる学生さんに期待しています。

研究概要

三坂研究室では、ヒートアイランド現象による都市暑熱環境の実態と原因を明らかにするために、実際の都市空間を対象とした温熱環境の実測調査を行います。そして、樹木による緑陰や人工的な日除けの設置、ミスト噴霧等の暑熱環境を緩和する技術を効果的に配置することで、夏季の屋外でも人が様々な活動するのに適した、快適な屋外空間を創出するための研究を進めていきます。

研究教育設備

  • ○ 超音波風向風速計:Prede社ウィンドソニックPGWS-100 3台