日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介建築学科Architecture

教授/那須秀行那須研究室[木質構造]
  • NASU, Hideyuki
教授/那須秀行
プロフィール
  • 1965年4月生まれ、博士(工学)、一級建築士
    明治大学大学院 理工学研究科 建築学専攻 博士課程 修了
    旭化成工業、住友林業にて主に木質構造の研究開発を実施
    スウェーデン王立SP技術研究所でプロジェクトリーダー(現地駐在)を経て現職
    東京工業大学非常勤講師、ウィーン工科大学客員講師、東京理科大学非常勤講師等
    趣味:競技スキー
もっと詳しく

専門

木質構造

研究テーマ

木造によるスケルトン躯体や中高層建築、新しい木造・木質構造の可能性を広げる研究

社会的活動

日本大使館 ・ウィーン工科大学共催 日墺交流140周年記念会議 講演(2009年9月)、スウェーデン建築家協会主催講演会 講演(2009年9月)、日欧建築木材専門家会議(2007年)、日本建築学会 木質構造教育プログラム策定小委員会 幹事(2004年縲鰀2009年)、日本建築学会 木質構造接合部規準改定小委員会 委員(2002年縲鰀2004年)、国交省建築研究所 木材の利用促進に資する中層・大規模木造建築物の設計・評価法の開発試設計WG 委員(2011年縲恁サ在)、日本木材学会 男女共同参画委員会 委員(2011年縲恁サ在)、日本建築学会 大規模木質構造小委員会 委員(2012年縲恁サ在)

メッセージ

木材は再生可能な資源であると同時に大気中のCO2を吸収し固着しておくことができます。その固形物である木質材料は軽くて強い(比強度が高い)優れた構造材料でもあります。自然素材ゆえにうまく使うためのアイデアにも広がりがあります。最新技術に目を向けつつ国内や北欧スウェーデンとの共同研究も行いながら、木造によるスケルトン躯体や中高層建築、新しい木造・木質構造の可能性を広げるべく、実践的に研究して行きます。

研究概要

大径のスクリューボルトを用いた高耐力な木質構造の開発、クロスラミネーテッドティンバーの活用に資する研究開発、中高層木造建築