日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介情報工学科Computer and InformationEngineering

准教授/江藤香江藤研究室[知識情報処理]
  • ETO, Kaoru
准教授/江藤香
プロフィール
  • 昭和27年10月生まれ、博士(学術)
    平成13年3月 電気通信大学大学院情報システム学研究科情報システム設計学専攻博士後期課程単位取得退学

専門

ナレッジマネジメント、ケア情報、データマイニング、学習科学

研究テーマ

ノウハウ情報表出・管理・共有システムの開発
ケア情報の分析

社会的活動

情報処理学会、電子情報通信学会、人工知能学会、教育システム情報学会、医療情報学会 各会員

メッセージ

人間の知識には言語化された知識である形式知と言語化しがたい知識である暗黙知の2種類がある。ノウハウ情報は暗黙知の一つとして分類される。一般に知識の多くは暗黙知であり、集団行動においても極めて重要な要素であると注目されている。ノウハウ情報を表出・管理・共有することにより、個人の能力の向上が図られるだけでなく、組織の活性化がもたらされる。特に、ケアの分野のノウハウ情報の表出・管理・共有を支援することにより、ケアの質の向上を目指している。知識情報やケアの分野の情報に興味を持っている学生さんを歓迎します。

研究概要

江藤研究室では暗黙知の表出・管理・共有の方法、支援システムの開発の研究を進めている。具体的には、ケアの分野のノウハウ情報を扱っている。 このような課題に対して以下のようなアプローチを行っている。
・ケア情報の実態、メカニズムを分析する。
・コンピュータによる支援の方法と技術を確立する。
・統計的手法や人工知能技術を用いる。