日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介電気電子工学科Electrical and Electronics Engineering

教授/吉野秀明吉野研究室[通信トラヒック工学]
  • YOSHINO, Hideaki
教授/吉野秀明
プロフィール
  • 昭和35年12月生まれ、博士(理学)
    昭和60年3月 東京工業大学 大学院 理工学研究科 情報科学専攻 修士課程 修了
    平成24年8月まで 日本電信電話株式会社 研究所 主席研究員
    趣味:釣り、旅、サッカー

専門

通信トラヒック工学、通信品質

研究テーマ

情報通信ネットワークの測定、分析、可視化、性能評価、トラヒック制御

社会的活動

・電子情報通信学会 監事(平成24年~現在)、同 コミュニケーション研究専門委員会 委員長(平成21年~平成23年)、同 研究専門委員会 顧問(平成23年~現在)
・IEEE Communication Quality and Reliability (CQR) Technical Committee、Vice-Chair(平成20年~平成23年)、同 Chair-Elect (平成24年〜現在)、IEEE GLOBECOM/ICC CQR Symposium Co-Chair(GLOBECOM2010~現在)
・日本オペレーションズ・リサーチ(OR)学会 理事(平成18年~平成20年)
【受賞歴】 電子情報通信学会フェロー、同通信ソサイエティ論文賞、IEEE GLOBECOM 2010 Outstanding Leadership Award、日本OR学会 事例研究奨励賞等

メッセージ

LINE・Twitterなどのサービスやスマートフォン・タブレットなどの端末の発展・進化によって、インターネットに代表される情報通信ネットワーク上の情報の流れ(トラヒック)が大きく変化しています。生活が便利になる反面、ネットワーク上での混雑や待ちによる品質の低下などの問題も発生しています。これらの問題を解決するためには、現在のネットワークで起こっている様々な変化を的確に捉え、未来のネットワークをデザインするための通信トラヒック工学の研究がますます重要になってきています。教育・交通・医療・農業などさまざまな産業との融合が進み、活躍の場が大きく拡がっている『情報通信技術(ICT)』の知識を身に付け、人々の生活を豊かにするこれからのICT社会の実現に向けてチャレンジしてみませんか?

研究概要

インターネットに代表される情報通信ネットワークから得られる実データに基づいた、ネットワークの測定、分析、可視化、性能評価,制御に関する実践的な研究を進めています.研究テーマの例は次のとおりです。
● コンシューマー・ジェネレイテッド・メディアのデータ分析による需要・トラヒック予測
● ビックデータトラヒック・品質の測定・分析によるネットワークの可視化
● ネットワークシミュレーションを用いた混雑現象の特性解明
● ユーザ体感品質(QoE)に基づくトラヒック制御法と性能評価

研究教育設備

    ビッグデータ分析用分散処理サーバ