日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介共通教育系Human Science and Common Education

准教授/小山将史[教育学]
  • KOYAMA, Masashi
准教授/小山将史
プロフィール
  • 修士(教育学)
    大阪教育大学大学院 教育学研究科修了
    高等学校教諭、教育委員会事務局指導主事、高等学校教頭を歴任
    趣味:写真表現、ゴルフ、スキー

専門

教育実践研究

研究テーマ

家庭内外での物的学習環境の構築
スクールリーダーの学びと研修の有効性

社会的活動

日本建築協会 教育委員会 工高生教育小委員会委員(昭和60~平成17年度)
西日本工高建築連盟 計画分科会主査(平成7~17年度)
大阪府建築士会 教育委員会計画分科会委員(平成8~17年度)
西日本工高建築連盟 事務局長(平成16~17年度)
「スクールリーダー・フォーラム2011~13」(大阪教育大学)企画委員(平成23~25年度)

メッセージ

わたしたちが学習をする場所には、さまざまな要因が潜んでいます。目に見えやすい環境の要因に着目してみますと、学校でいえば教室や机などの物的な要因があり、家庭では子ども部屋や学習机などがあります。これ以外に、学校では先生や級友、家庭では親や兄弟などの人的な要因も重要な学習環境としてあげることができます。
くつろぐことができる子ども部屋も、学習を阻害する要因がたくさん存在します。それらとうまく向き合い、学習環境を整えることができれば、家庭内外での学習効果が期待でき、ひいては学ぶ喜びを引き出すことができると考えています。興味のある方は、お気軽に話をしにきてください。

研究概要

キーワードは、家庭学習・物的学習環境・授業デザイン・学習方略・ハンドブックです。教室以外で学習を行える場所の環境について、自分なりに読み解いたり整備したりする力をつけるにはどうしたらよいか。学校での授業デザインと関連をもたせた家庭でのハンドブックの活用について研究しています。