日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介生活環境デザイン学科Living Environment Design

教授/川村清志川村研究室[仕上材料・人間工学]
  • KAWAMURA, Seishi
教授/川村清志
プロフィール
  • 1950年生 博士(工学)
    関東学院大学工学部建築学科卒業

専門

仕上材料・人間工学

研究テーマ

高齢者からみた床のかたさやすべりに関する研究、床上走行時における車椅子の振動に関する研究

社会的活動

日本建築学会正会員

  • 床段差や手すり位置などの実験研究をもとに、室内空間のユニバーサルデザインを考えます 床段差や手すり位置などの実験研究をもとに、室内空間のユニバーサルデザインを考えます

メッセージ

当研究室では、建築材料の研究を専門分野としています。なかでも、建築仕上げ材料の様々な性能について研究しています。仕上げ材料は人間が歩いたり触れたりして、直接的に接する材料です。純粋に材料的な観点以外にも、人間が関わる材料という観点からも研究テーマを取り上げて取り組んでいます。

研究概要

1.内装仕上材料の汚れに関する研究
材料設計ならびに材料の開発・選択の観点から重要となる指針を提示することを目的に、汚れは材料の持ついかなる表面色や表面性状等と関係が大きいのかについて考察する。
2.仕上げ材料の心地よさに関する研究
本研究は建築仕上げ材料に触れたときの様々な心地よさは、材料のいかなる性能によるものかを実験的に明らかにしようとするものである。
3.ボード類の接着耐久性に関する評価方法の検討
4.床の段差と手すりならびに、車椅子操作上の安全性・快適性からの検討
5.壁紙の表面性状が人間の視覚的観点からのイメージならびに手触り感等に与える影響

研究教育設備

  • ○色差計
  • ○加速度計
  • ○PC
  • ○荷重変換器
  • ○変位変換器
  • ○データロガー
  • ○動作解析機 他