日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介生活環境デザイン学科Living Environment Design

教授/黒津髙行黒津研究室[住空間デザイン・構法]
  • KUROTSU, Takayuki
教授/黒津髙行
プロフィール
  • 工学博士 一級建築士
    日本工業大学大学院 博士後期課程建築学専攻修了
    福島県生まれ、建築設計事務所を経て2000年から現職

専門

住空間デザイン、構法、アジア建築史

研究テーマ

安全で快適な住空間のデザイン、地域文化資産の建築調査と再生計画

受賞履歴

1998年日本建築学会賞、1993年日本建築学会奨励賞

社会的活動

日本建築学会正会員、日本建築家協会正会員、建築史学会正会員、生活文化史学会正会員

  • 開発した融合科目「建築英語」のテキスト 開発した融合科目「建築英語」のテキスト
  • カトマンズ盆地の歴史的街区の景観構成を調査中 カトマンズ盆地の歴史的街区の景観構成を調査中

メッセージ

心地よい室内空間とは何か、安全で快適な住まいとはどのように創るかなど、人々が日常の生活を営む空間のデザインについて考えてみませんか。モノと空間の関係、そのバランスなど、コンピュータを用いた仮想空間上の理解にとどまらず、実際に空間を体感してみます。また、直接肌に触れる家具を製作し、実践的なモノ創り体験にも挑戦します。私たちとともに、空間的な魅力と快適性を備えた住空間を創造してみましょう。皆さんも、21世紀の「長寿国日本」において、優しい生活環境を実現できるエキスパートを目指してみませんか。

研究概要

1)教育・学習方法等の改善プログラムの一環として、学習の動機づけを主とした教育への取組を担当し、「空間体験をとおして学ぶ建築英語移動ゼミナール」における教材開発や「インテリア工房」でのモノづくりを進めている。
2)高齢社会における住まいの空間デザインを試みる。
3)建築と人間との関わりについて歴史を遡って調べ、日本や海外の建築を対象に、その分厚い空間デザインの蓄積の一端を読み解いている。また、地域の文化資産の建築調査をとおして、使い続けるための整備・活用を提案し、豊かな文化環境をもつ町づくりへの一助を目指す。

研究教育設備

    調整中