日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介生活環境デザイン学科Living Environment Design

教授/瀬戸眞弓瀬戸研究室[福祉住環境デザイン]
  • SETO, Mayumi
教授/瀬戸眞弓
プロフィール
  • 博士(教育学)( 一級建築士 )
    日本大学大学院文学研究科博士後期課程修了
    趣味:音楽鑑賞

専門

生活環境デザイン、福祉住空間デザイン

研究テーマ

(1)人がいきいきと暮らし続けることができる生活環境の要因を、脳科学の手法によって検討。
(2)小規模な高齢者福祉施設等の住環境の調査や検討。
(3)私たち誰もが生活しやすい住環境やまちづくりを検討します。

社会的活動

日本健康行動科学会正会員、日本社会福祉学会正会員、日本福祉のまちづくり学会正会員、日本介護福祉学会正会員

メッセージ

花や昆虫などの動植物も、この自然界においてはあたかも「生きたい」と願っているように生の営みを繰り返しています。私たち人間も、環境の質を高めることにより、生きていることの楽しさを実感することができます。あなたを始め、あなたの家族や友人、あなたと同じ町に住む人たち皆が、健やかに生活し続けることができる住空間や地域の環境を、素直な気持ちで考え、デザインしてみましょう。
 まずは、それらを実現させるための知識やスキル(技術)を、授業などを通してしっかり学ぶことから始めます。

研究概要

健常な中高年齢者では、読書や写真、およびラジオ体操の音楽などの視覚・聴覚による刺激は、脳の活性化に有効であることが判りました。脳の活性化は身体の老化をも進行させにくいという意味においても重要であることから、これらのことを、中高年をとりまく生活環境の構成要因として注目しています。  また、わが国の認知症の高齢者のためのグループホームにおける居住の質をケア(介護)の環境という視点から調査・評価をしてきています。

研究教育設備

    福祉機器等