日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介センター・付属施設

助手/平柳恵作[工業技術博物館]
  • HIRAYANAGI, Keisaku
助手/平柳恵作
プロフィール
  • 昭和27年生まれ
    昭和50年3月 日本工業大学機械工学科卒業
    趣味:町並み探訪、自然散策、(制作途中ですが個人のホームページもあります。)

専門

機械技術史

研究テーマ

博物館活動を通じた工作機械発展過程の研究

社会的活動

産業考古学会正会員 / 東京産業考古学会正会員

メッセージ

今の工作機械の外観はカバーでおおわれた箱形が多くなり、一見すると中がどのような構造になっていて、どのように動くのかが分かりません。当博物館で明治以降から10年程前の機種を系統的に見るとそうだったのかと実際の設計に役立つ発見があると思います。当館を活用いただければ幸いです。

研究概要

工業技術博物館では、我が国産業の発展に貢献した歴史的価値のある工作機械等の機械機器を調査発掘し、収集して技術史的に整理し、保存展示を行い学内外に公開するとともに、それらに関連する書籍・文献・資料(図面等)の収集・整理も行い、近い将来の閲覧・公開等に備えている。さらに、技術史に関する記事、収蔵品の紹介、博物館の活動状況等を掲載する「工業技術博物館ニュース」を年間4回発行して、多方面に情報を提供している。

研究教育設備

    工業技術博物館で保存展示している機械機器に関しては、当博物館のオリジナルページをご参照下さい。また、当博物館のパンフレット等も用意してあります。