日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

教員紹介 機械工学科

教授/神雅彦  神研究室[精密加工]
  • JIN, Masahiko
教授/神雅彦
プロフィール
  • 1963年生 博士(工学)
  • 宇都宮大学大学院工学研究科修士課程精密工学専攻修了
  • 趣味:学生時代は陶芸に熱中し、その後、テニスなどもやりましたが、現在では、日本酒と焼酎の研究に没頭しています。その研究を生涯続けるために、最近、再びテニス初心者になりました。
■専門
精密加工学、工作機械工学、塑性加工学、超音波工学
■研究テーマ
超音波応用精密機械加工に関する研究、超音波応用精密塑性加工に関する研究、環境対応技術に関する研究など
■受賞履歴
平成 2年6月 工作機械技術振興賞(論文賞) / 平成13年3月 砥粒加工学会論文賞 / 平成13年6月 型技術協会奨励賞 / 平成17年5月 日本塑性加工学会優秀賞(会田技術奨励賞)/ 平成22年11月 日本ばね学会技術賞/平成26年6月工作機械技術振興賞(奨励賞)
■社会的活動
精密工学会会員 / 日本塑性加工学会会員・超音波応用加工分科会主査 / 砥粒加工学会会員 / 日本音響学会会員 / 型技術協会会員など
メッセージ
できることをしっかりやる小さな研究室を目指します。研究・教育活動は、精密加工ゼミⅢ(3年ゼミナール)、精密加工ゼミⅣ(4年卒業研究)、精密加工ゼミIN(大学院研究)、精密加工ゼミSK(文化的活動)、精密加工ゼミOB(同窓生激励)を中心に行っています。
学生や関連の方々とともに精密加工道を邁進したいと考えます。
研究室の具体的行動目標は次のようになります。

◆2014精密加工行動目標◆
1.鍛練・・・毎日、コツコツと技を磨こう。
2.実感・・・暗記ではなく、感じるまで学ぼう。
3.丁寧・・・心をこめて、作品を創ろう。
4.突破・・・あきらめず、何度も攻めよう。
5.前進・・・毎日、0.1歩でも進もう。

研究概要
超音波振動を応用した切削加工・塑性加工技術に関する研究は、大学時代の恩師で、この技術の創始者である故隈部淳一郎教授より継承しています。最近の主な研究テーマには、超音波振動を応用したエンドミル加工、ドリル穴あけ、あるいは研削などの精密切削加工に関する研究、超音波振動を応用した引抜き加工、曲げ加工、あるいはプレス加工などの精密塑性加工に関する研究などがあります。特に、微細加工形状への応用が中心課題となっています。その他には、超音波振動技術の環境対応技術への応用、超精密・微細金型等の切削加工法、新しい工作機械や工具の開発に関する研究などにも取り組んでいます。

研究教育設備
○超精密非球面加工機 東芝機械・ULG-100CH3
○超精密リニアモータ駆動卓上ステージ 東芝機械・UR222オリジナル機
○2分割型ダイ横断方向超音波振動 引抜き装置 オリジナル機
○縦型マシニングセンタ 池貝・TV-4
○万能フライス盤 碌々産業・RUM5
○真円度測定器 ミツトヨ・RA-400
○走査型電子顕微鏡 トプコン・ABT55ベースオリジナル機
○水晶式切削動力計 日本キスラー・3台
○超音波発生装置 オリジナル機15kHz〜120kHz・各種
○FEM,CAD/CAMソフトウエア Solid Works, Master CAM, DEFORM)など
教育メディアロボット
研究室にて