日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介機械工学科Mechinical engineering

教授/村田泰彦村田研究室[プラスチック成形加工]
  • MURATA, Yasuhiko
教授/村田泰彦
プロフィール
  • 昭和34年9月25日生まれ
    博士(工学)
    同志社大学大学院 博士課程前期修了
    東京大学 博士(工学)学位取得
    世界遺産・古城めぐり、ドライブ、ゴルフ

専門

プラスチック成形加工

研究テーマ

・プラスチック射出成形現象のインプロセス計測 / ・高機能金型の開発

受賞履歴

米国プラスチック技術者協会Best Paper Award / (社)プラスチック成形加工学会論文賞 / 型技術協会奨励賞、(社)プラスチック成形加工学会功労者表彰

社会的活動

(社)プラスチック成形加工学会理事、同学会誌『成形加工』副編集委員長
所属学会:(社)プラスチック成形加工学会、Polymer Processing Society、(社)精密工学会、(社)日本塑性加工学会、(社)日本設計工学会、型技術協会

  • 電磁誘導加熱・冷却金型(固定値) 電磁誘導加熱・冷却金型(固定値)
  • 電磁誘導加熱·冷却金型(可動側) 電磁誘導加熱·冷却金型(可動側)

メッセージ


子供の頃に、プラモデルやLEGOなどのブロックでよく遊んだことがあり、その因果か、現在、プラスチックの研究を行っています。当研究室では、ものづくり、具体的には、“金型づくり”、や“プラスチック製品づくり”を中心とした研究教育を推し進めることで、社会に貢献できる、企業から喜ばれる人材の育成を目指しています。
大学では、専門知識を幅広く吸収することに加えて、機械工作や機械操作、CAD、CAE解析など、どんなことでも良いので、一つ自分の得意な技術を身につけ、社会に羽ばたいてもらいたい。

研究概要

当研究室では、プラスチック射出成形金型内における未知の成形プロセスおよびウェルドラインやそり変形、バリなどの成形不良現象を解明するために、キャビティ面樹脂圧力分布の計測や、樹脂温度計測、金型温度・歪計測などを行っています。また、射出成形CAEの解析精度向上のために、実験的な側面からの支援も行っています。さらに、電磁誘導加熱・冷却金型(写真)などの、成形不良を抑止するための高機能金型の開発、肉眼では見えない、外形50μm以下のプラスチックマイクロ部品の成形技術の開発を行っています。

研究教育設備

  • ○全電動式射出成形機 ROBOSHOT α-50iAp ファナック(株)
  • ○全電動式射出成形機 ROBOSHOT S-2000i50A ファナック(株)
  • ○水晶圧電式圧力センサ 処理システム Dataflow 日本キスラー(株)
  • ○触覚センサシステム I-SCAN100 ニッタ(株)
  • ○キャビティ面圧力分布計測金型
  • ○電磁誘導加熱・冷却金型
  • ○金型温度分布計測用金型
  • ○非球面プラスチックレンズ 成形用金型
  • ○高機能射出成形CAEシステム PLANETS (株)プラメディア