日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介機械工学科Mechinical engineering

准教授/野口裕之野口研究室[マイクロ加工]
  • NOGUCHI, Hiroyuki
准教授/野口裕之
プロフィール
  • 昭和31年6月25日生まれ
    昭和52年3月 東京都立航空工業高等専門学校 航空原動機工学科卒業
    平成11年2月 東京大学 博士号取得 博士(工学)
先端材料技術研究センター
ハイテクリサーチプロジェクト

専門

マイクロ加工、導電性プラスチック、精密鋳造

研究テーマ

マイクロ光造形、マイクロ鋳造、マイクロ成形、マイクロ切削、超音波利用マイクロ転写加工

受賞履歴

平成元年7月 井上春成賞受賞 / 平成7年11月 通商産業省 第1回ものづくりコンテスト優勝 / 平成13年6月 型技術協会奨励賞

社会的活動

平成18年4月〜現在 日本塑性加工学会 編集委員 / 平成14年4月〜現在 日本塑性加工学会 金型分科会 幹事

メッセージ

実社会に出て役立つエンジニアを目指し、研究室では、ものづくり教育を数多く実践して、経験豊富なエンジニア養成を実践しております

研究概要

野口研究室(マイクロ加工研究室)では、文字通りマイクロサイズの加工の研究を行っている。大まかには4つの研究に分けられる
(1)マイクロ光造形法の研究では、特許取得済みのDMDを使用した安価な光造形装置の製作を行っている
(2)集束イオンビームを利用し、超硬質材料であるダイヤモンド金型製作を実践している
(3)集束イオンビームを利用したマイクロ金型の形状転写加工を実践している
(4)電気永動法による自己崩壊性鋳型を製作し、マイクロ鋳造を実践し、昆虫の蟻をモデルに鋳物を製作している
これらのマイクロ成形技術を総合して学び、実用化に結びつける研究を進めている