日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介機械工学科Mechinical engineering

准教授/高木茂男高木研究室[伝熱工学]
  • TAKAGI, Shigeo
准教授/高木茂男
プロフィール
  • 昭和32年3月生まれ 工学博士
    昭和60年3月神戸大学大学院博士課程修了

専門

熱物質輸送

研究テーマ

バブリングによる温度制御の研究、水力輸送における動力回収に関する研究、流れのエネルギーによるエアレーションに関する研究

メッセージ

工業生産における設備の維持・管理が大事であることは言うまでもありませんが、学生の皆様の目は開発や製造に向きがちで、設備の維持・管理にかかわる熱物質輸送に携わる者としては少し寂しく感じています。地味でも重要な設備の維持・管理、熱物質輸送現象に学生の皆様の目が向くよう頑張りたいと思っています。

研究概要

流動現象は液体や気体により熱エネルギーや物質が運ばれていく現象と捕らえることができる。本研究室はその観点から、気泡噴流の対流熱伝達に対する影響、流体・粒子混合流の流体機械内での挙動、水面における気体の巻き込み現象の利用、を扱っている。温度制御は通常発熱量の制御により行われるが、発熱量制御が困難な場合に気泡噴流で温度制御を行おうとする「バブリングによる温度制御の研究」、磨耗により困難視される流体・粒子混合流からの動力回収を目指す「水力輸送における動力回収に関する研究」、流れのエネルギーを利用して電力などの供給なしに水中溶存酸素の補給を行おうとする「流れのエネルギーによるエアレーションに関する研究」が主な研究テーマである。

研究教育設備

  • ○管摩擦現象に関する教育用実験装置
  • ○教育用オリフィス特性実験装置
  • ○三角堰の特性教示装置