日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介ものづくり環境学科Products Engineering and Environmental Management

准教授/桑原拓也桑原研究室[環境応用流体工学]
  • KUWAHARA, Takuya
准教授/桑原拓也
プロフィール
  • 昭和53年4月生まれ、博士(工学) Ph.D.(応用数学)
    平成20年3月 同志社大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 博士後期課程 修了
    平成20年3月 仏国 Ecole Centrale Paris 応用数学専攻 博士課程 修了(ダブルディグリ制度)
    仏国 Ecole Centrale Paris 応用数学研究室 博士研究員 / 仏国 Ecole Normale Supérieure de Cachan 応用数学研究所 博士研究員 / 大阪府立大学 大学院工学研究科 機械工学分野 環境保全学研究室 博士研究員 / 日本学術振興会特別研究員(PD) を歴任
    趣味: 書道 / 水泳 / 軽音楽(ギター演奏、鑑賞)

専門

流体工学、プラズマ応用、環境保全技術、エネルギー変換、データマイニング技術

研究テーマ

超臨界流体を用いたソーラーエネルギー変換システム
低温プラズマ-バイオ燃料利用のゼロ・エミッションディーゼルエンジン

受賞履歴

平成23年11月 日本AEM学会 論文賞
平成25年9月 静電気学会 進歩賞

社会的活動

所属学会: 日本機械学会、日本混相流学会、日本流体力学会、磁性流体研究連絡会、日本AEM学会、静電気学会

メッセージ

究極のエネルギーは何でしょうか?自然に学べば、恐らく太陽のエネルギー源である核融合でしょう。人類が安全に核融合を利用できる技術を獲得すればエネルギー問題は解決できるでしょう。いつかその日が来るように原子力に背を向けずに研究を進めて行くべきだと思います。しかし、残念ながらその日はまだまだ先になるでしょう。その日が来るまでの技術として、私たちは近い未来に実現できる環境負荷の低いエネルギー変換を考え研究しています。そのためには豊富な知識や多岐の技術の融合そして人との交流が必要です。学術・産業界の皆さん、学生とともに歩んでいきたいと思います。

研究概要

流体の特殊機能を用いたエネルギー変換および環境保全技術の基礎・応用研究を行っています。例えば、超臨界流体は液体でも気体でもない状態の流体ですが、熱の吸収に優れ、流れ損失の少ないというエネルギー変換装置の作動流体としては恰好の性質を有しています。その性質利用して新しいソーラーエネルギー変換システムの実現へ向けた研究を行っています。また、低温プラズマの化学反応を促進する性質を利用して排ガス浄化を行う、プラズマ-バイオ燃料ハイブリッド利用によるゼロ・エミッションディーゼルエンジンの開発へ向けた研究を行っています。