日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介ものづくり環境学科Products Engineering and Environmental Management

教授/安原鋭幸安原研究室[先端材料工学]
  • YASUHARA,Toshiyuki
教授/安原鋭幸
プロフィール
  • 昭和44年生まれ 博士(工学)
    東京工業大学 機械工学科卒業
    東京工業大学 大学院 理工学研究科 機械工学専攻修了
    東京工業大学 大学院理工学研究科助教
    趣味:登山、乗り物

専門

機械材料、材料加工

研究テーマ

カーボンナノチューブの合成とその応用技術
プラスチックの精密成形技術
CFRTP(炭素繊維強化熱可塑性プラスチック複合材料)の加工法
天然素材を利用した複合材料の特性評価

メッセージ

安原研究室では、機械材料の特性評価を研究の題材として、問題解決力の養成を行っています。本質を理解して自分自身の課題として研究を行ってもらうため、少し遠回りになりますが、既製品だけを使うのではなく、装置を自作して実験を行うよう働きかけています。実験・登山などのexcursionによる研究室での実経験を通して、多くの「引き出し」を持った魅力的な人間に成長して欲しいと思っています。

研究概要

安原研究室では、さまざまな機械材料の特性向上に関する研究を行っています。天然繊維、貝殻、炭素繊維強化複合材料(CFRP、CFRTP)、カーボンナノチューブ(CNT)、プラスチックなどの材料を取り扱い、材料特性の評価や加工法までを研究対象にしています。CNTの研究においては、単体の合成から複合材料などの応用まで一貫して特性評価を行い、熱、電気、機械的特性の向上を目指しています。

研究教育設備

    高周波誘導加熱装置
    管状電気炉
    小型卓上試験機
    ユニバーサルレコーダ