日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介創造システム工学科Innovative Systems Engineering

准教授/福田めぐみ福田研究室[表面科学]
  • FUKUTA, Megumi
准教授/福田めぐみ
プロフィール
  • 博士(工学)
    平成21年12月 奈良先端科学技術大学院大学 大学院物質創成科学研究科博士後期課程修了
    大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻 特任助教 / 産業技術総合研究所先進製造プロセス研究部門 特別研究員 / 東京農工大学大学院工学府機械システム工学専攻 特任助教を歴任

専門

表面改質、トライボロジー、ナノバイオテクノロジー

研究テーマ

界面現象の理解とその相互作用力による物質吸着制御
シランカップリングを用いた表面改質

社会的活動

応用物理学会
応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会
日本表面科学会
日本機械学会

メッセージ

表面は私たち身の回りのありとあらゆるものに存在しますが、その表面ではどのような現象が起きているかを考えたことはありますか?表面では様々な力が働らいています。この力を表面改質により制御し、私たちは汚れの付きにくさや撥水性などの生活の利便性を得ています。また表面改質は電子デバイスやバイオセンサー、μTASでも材料接合や物質固定、そして機械の摩擦低減にも活躍しています。表面現象の理解、適材適所の表面改質と表面改質技術の向上は私たちの生活をより良くします。
あなたも奥深い表面に魅せられませんか?

研究概要

マイクロ・ナノ領域の界面現象の理解と表面改質を用いた物質間の相互作用力制御に取り組み、表面科学の視点から、摩擦低減化技術の開発や新規デバイス作製に向けたボトムアップ技術の開発など、現象論の理解を礎に実社会に貢献する技術開発を目指す。