日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

学部・大学院

教員紹介センター・付属施設

客員教授/松野建一工業技術博物館館長[機械技術・生産技術]
  • MATSUNO, Kenichi
客員教授/松野建一
プロフィール
  • 昭和13年(1938年)生まれ 工学博士
    昭和43年(1968年)東京大学大学院博士課程(精密工学専攻)修了
    趣味:テニス、ゴルフ

専門

生産技術、生産機械

研究テーマ

我が国における機械技術、特に生産技術・生産機械の発達の歴史

受賞履歴

(社)日本塑性加工学会論文賞、同学会教育賞、同学会功労賞、(社)日本機械学会関東支部功績賞、型技術協会功績賞、瑞宝中綬章

社会的活動

(社)日本機械工業連合会 優秀省エネルギー機器審査特別委員会委員・幹事長、(社)日本自動認識システム協会 理事・資格認定審査委員会委員、(財)日立環境財団 理事・環境賞審査委員会委員、(財)省エネルギーセンター 省エネ大賞運営委員長、(財)機械振興協会 新機械振興賞審査委員会委員    ほか

メッセージ

我が国の機械技術、特に生産技術の水準は現在世界最高レベルに到達していますが、これは一朝一夕に出来たものではなく、世界的に見れば産業革命以来の積み重ねであり、国内では明治初期以来多くの先人達が新しい技術に挑戦し続けてきた努力の上に成り立ったものなのです。工業技術博物館では、国内外の先人達が開発した輝かしい機械機器を収集し、現在500点以上を展示(できるだけ動態で)して、生きた技術史を学ぶ場を提供しています。それらの成果を見たり、触れたりして技術の進歩を学び、いわゆる「温故知新」の精神を養って、新しい発想、技術開発等につなげてもらいたいと思っています。

研究概要

工業技術博物館では、我が国産業の発展に貢献した歴史的価値のある工作機械等の機械機器を調査発掘し、収集して技術史的に整理し、保存展示を行い学内外に公開するとともに、それらに関連する書籍・文献・資料(図面等)の収集・整理も行い、近い将来の閲覧・公開等に備えてデータベース化を進めている。また、毎年秋には常設展示とは別に身近な工業製品や技術をテーマにし、学生も企画・実行に参加した特別展を開催している。さらに、技術史に関する記事、収蔵品の紹介、博物館の活動状況等を掲載する「工業技術博物館ニュース」を年間4回発行して、多方面に情報を提供している。

研究教育設備

    工業技術博物館で保存展示している機械機器に関しては、当博物館のパンフレット等を用意してありますので、ご参照ください。