創造システム工学科

学科オリジナルページへ



創造システム工学科では、ロボティクスとマイクロ・ナノテクノロジーの2つの次世代技術を軸に、機械・電気・情報・化学の幅広い分野の基礎知識を1年次から多くの実験・実習により実体験として習得します。3年次の研究室配属後からは、独創性と教育に対する情熱を持った教授陣のもと、充実した教育・研究設備を用いて専門分野についての最先端の技術を身につけ、実践的なエンジニアとして巣立っていきます。

カリキュラムポリシー

創造システム工学科では、次世代を担う最先端の専門分野の技術を習得する2つのコースを用意しています。いずれのコースでも、幅広い知識と高い専門性とを兼ね備えた、柔軟な問題解決能力と独創的な発想力のある技術者を育成します。なお、コースの枠を超えて学ぶことも可能です。

  1. 機械システム学群に共通する工学の基礎学力を養う、学群共通専門科目。
  2. 創造的思考能力を養う基礎科目としての「技術創造論」「課題解決ゼミ」
  3. 入学時より、システム工学の専門技術に触れ好奇心を育む「創造システム基礎実験」や「ナノの世界をのぞく」などの専門導入教育。数学・物理・英語などの基礎を専門に関連付けて学ぶ「融合科目」。21世紀を担う技術者に不可欠な、充実した情報教育。
  4. 少人数ゼミナールにより、創造力とコミュニケーション能力を開発。 次世代ものづくりへの創造力を養う高度なコース<ロボット創造コース><マイクロ・ナノ創造コース>で、最先端の技術力を獲得。
  5. 地元の工業系高校などで、専門技術を活かしてロボット技術を教え、コミュニケーション能力や自ら考え行動する能力を養う「ロボットボランティア」。
  6. ロボットやマイクロナノに関連する企業などでの就業体験を通じて、ものづくりの現場で専門技術を学ぶ「インターンシップ」。
  7. 3年次のゼミナール、4年次の卒業研究では研究室に所属し、指導教員との日常的な接触により、自発的な課題発見能力と、現場で役に立つ問題解決能力を養成。

専門コースの紹介

創造システム工学科では、時代の要請に対応する2つのコースを用意しています。いずれのコースでも、高い専門性と総合力を備えた、柔軟性のある技術者を養成します。コースの枠を越えて学ぶことも可能です。

ロボット創造コース

機械、制御、電気・電子、情報等のロボット開発に必要な幅広い分野の基本技術を習得すると同時に、その中の特定の分野についての高い専門技術を身につけます。そして、人に役立つ技術の研究・開発に取り組みます。

卒業後の進路
ロボットをはじめとするメカトロ機器の研究・開発技術者、および、これらの構成する機械要素、電子デバイスの研究・開発技術者、インターフェース、人工知能等の情報・システム技術者など
マイクロ・ナノ創造コース

私たちの生活を大きく変える可能性を秘めたマイクロ・ナノテクノロジーを、バイオ技術、素材開発技術、微細構造体開発技術、機能化機構開発技術などの視点から広く学びます。

卒業後の進路
機械・電気・電子・医療などの幅い広い分野における、先端材料・デバイスのようなマイクロ・ナノテクノロジー関連の研究・開発技術者など

主な研究テーマ

創造システム工学科では、次世代ものづくりを担う創造的工学分野である「ロボット創造」と「マイクロ・ナノ創造」の2コースにおいて、さまざまな研究テーマに取り組んでいます。以下は、その一例です。

プラズマ技術を活用した機能的なナノ薄膜の合成
[ナノ材料工学研究室]
教授・博士(工学)  渡部 修一
プラズマとは活発に化学反応が生じている状態のことを言います。大気の影響がない特殊な容器(チャンバー)の中に発生させます。研究室ではこれを上手に使って新しい性能を持つ新奇な膜材料を開発する研究を行っています。特に生体にも優しい炭素系ナノ薄膜の研究です。生体インブラントの表面改質材として活用されることが期待されています。また、真空という特殊な環境の中でも摩擦・摩耗に対して優れた耐久性を持つことから、人工衛星に搭載する機構部品への応用も目指しています。

ナノカーボン材料の医療技術への応用
─再生医療や医療用チップへの応用を目指したバイオマテリアルの開発
[ナノ・バイオマテリアル研究室]
教授・博士(工学)  伴 雅人

21世紀はバイオ技術が進展し、医療の在り方が大きく変わろうとしています。さまざまな病気の治療方法が確立し、人の寿命も延びることでしょう。研究室は、「工学から医療に斬り込む」をモットーに、医療・診察・高齢者支援のための新しい医療技術の創製を目標としています。グラフェン、フラーレン、カーボンナノチューブといったナノカーボンを中心としたナノ・バイオマテリアルを再生医療に応用すること、小さな臓器を人工的に作り込んだ医療チップを開発することなど、医療技術に一石を投じるような研究です。
創造的なメカニズムの開発
─夢だった歩行ロボットや福祉用機械の実現
[ロボット機構設計研究室]
准教授・博士(工学)  樋口 勝

ソフトウエアだけではロボットは成立しません。動かす対象となるハードウエア、つまりメカニズムによって独創的な新しいロボットが誕生します。私たちの研究室では、独創的なメカニズムの設計を軸として、そこに組み込まれる新しいアクチュエータ・ブレーキ・減速機などの要素や、これらを動かす制御システムを開発することにより、子供の頃からの夢だったロボットハンドや歩行ロボットなどのオリジナルロボットや超高齢社会において必須となる歩行アシストシステムや装具などの福祉用機械を実現していきます。