創造システム工学科

ロボット開発とマイクロ・ナノテクノロジー
最先端の研究開発にチャレンジする
学科オリジナルページへ


ロボット工学とマイクロ・ナノテクノロジー。次世代を支える工学として注目を集める、2つの分野のスペシャリストを目指します。1年次から関連する機械や電気、情報、化学など幅広い分野の知識と技術を実験・実習を通して習得。3年次からは、独創性豊かな各研究室で、最先端の技術を身につけます。

カリキュラムポリシー

創造システム工学科では、最先端の専門分野の技術習得を目的に2つのコースを用意し、幅広い知識と高い専門性を育むカリキュラムを用意しています。

  1. 入学時より創造的思考能力を養う「技術創造論」、また、2年次の「課題解決ゼミ」など4年間を通じた少人数ゼミナールで創造力、問題解決能力およびコミュニケーション能力を開発。
  2. システム工学の専門技術に触れ好奇心を育む「創造システム基礎実験」や「ナノの世界をのぞく」、「ロボティクス概論」などの専門導入教育。
  3. 数学・物理・英語などの基礎を専門に関連付けて学ぶ「融合科目」。充実したコンピュータ設備を用いた情報教育と、最新CADソフトを用いた機械製図教育。
  4. 2年次以降は次世代ものづくりへの創造力を養う高度なコース<ロボット創造コース><マイクロ・ナノ創造コース>に分かれての豊富な専門科目とコース別実験で、最先端の技術力を育成。
  5. 3年次のゼミナール、4年次の卒業研究では研究室に所属し、指導教員との日常的な接触により、自発的な課題発見能力と、現場で役に立つ問題解決能力を養成。

専門コースの紹介

創造システム工学科では、時代の要請にこたえる2つのコースを用意しています。いずれのコースでも、高い専門性と総合力を備えた、柔軟性のある技術者を養成します。コースの枠を越えて学ぶことも可能です。

ロボット創造コース

機械・制御・電気電子・情報など、ロボット開発に必要な幅広い分野の基本技術を習得すると同時に、その中の特定の分野についての高い専門技術を身につけます。そして、人に役立つ技術の研究・開発に取り組みます。

卒業後の進路
ロボットをはじめとするメカトロ機器の研究・開発技術者、これらを構成する機械要素、電子デバイスの研究・開発技術者、インターフェース、人工知能等の情報・システム技術者 など
マイクロ・ナノ創造コース

私たちの生活を大きく変える可能性を秘めたマイクロ・ナノテクノロジーを、バイオ技術、素材開発技術、微細構造体開発技術、機能化機構開発技術などの視点から広く学びます。

卒業後の進路
機械・電気電子・医療など幅広い分野における、先端材料・デバイスのようなマイクロ・ナノテクノロジー関連の研究・開発技術者 など

研究室PICK UP

創造システム工学科では、次世代を担う最先端の専門分野の技術を習得する2つのコースを用意しています。いずれのコースでも、幅広い知識と高い専門性を兼ね備え、柔軟な問題解決能力と独創的な発想力のある技術者を育成します。なお、コースの枠を越えて学ぶことも可能です。

困っている人にロボットを使って喜んでもらいたい
「医療福祉ロボット研究室」
助教・博士(工学)  秋元 俊成
 私たちの研究室では、ロボット技術を応用して、医療や福祉の現場を支える製品の開発・研究に取り組んでいます。少子高齢化を受けて介護ロボットへの注目度はいっそう高まっており、商品化を目指す企業との共同研究も多数手掛けています。
 介護ロボット製作で命題となるのがコストです。介護ロボットの利用者には、社会的弱者が多く、高価なロボットには手が出せません。安ければ安いほど多くの人が利用できることになります。
 介護に限らず、世界には困っている人が大勢います。その人たちにロボットを使って喜んでもらいたいというのが、私が研究を続ける理由です。残念ながら、私一人では困っている人すべての声を聞くことはできません。ですから、この研究室を目指す人は、ぜひいろんなところに飛び込んで、ここにこんな困った人がいたと私に教えてください。そして、一緒にその「困りごと」を解決していきましょう。

生物の力を工学へ応用する
[ナノバイオシステム研究室]
准教授・博士(理学)  佐野 健一

 私たちの体は、無数のタンパク質がネットワークをつくり、絶妙なバランスで生命活動を維持しています。これをナノテクノロジーの見地に立つと、まさにナノマシーンの極致といえるでしょう。私たちの研究室では生体というナノマシーンを応用して、工業製品の材料として活かせないかという研究を進めています。たとえば半導体や太陽電池も、生物由来の物質を使えば、飛躍的な性能向上が望めるのではという観点で取り組んでいます。また、がんの治療薬を生体由来のナノサイズのカプセルに入れて、がん細胞に届けるドラッグデリバリーシステムの研究もしています。この試みからは、いま市販されているどんなものよりもよいものができるのではないかと期待しています。
 これからの材料科学を飛躍的に進歩させる可能性を持った分野です。一緒に研究してみませんか。