環境教育

全学で「環境」を意識しながら、工学技術を学ぶのが、日本工業大学の基本姿勢。
「社会の成長」と「環境の保全」という
対極ともいえるテーマを融合できる工学技術者を育成します。

大学の年間使用電力量の7%を太陽光発電で供給

屋上に敷き詰められたソーラーパネル

本館屋上に設置されているソーラーチューブ
授業やキャンパスライフで
「環境が学べる工業大学」
日本工業大学は、全学をあげてエネルギー問題や環境問題に取り組んでいます。 国内大学最大規模の発電量を誇る太陽光発電システムを導入するだけでなく、教養科目にも環境系科目を設置。環境教育センターを中心として社会を変える新たな技術開発と環境の保全という相反する課題を同時に実現できる工学技術者を育成します。授業だけでなくキャンパスライフのすべてにおいて、「環境を学べる」。これも日本工業大学の大きな特長です。
PICK UP 科目
エコ入門
環境に関するトピックスを幅広く学び、工学に携わるうえで不可欠な環境への意識を高めます。多くの事例に触れながら、持続型社会の構築に貢献できる技術者について考えます。
環境と科学技術
科学技術には、人々の暮らしを豊かにする半面、自然環境の破壊など負の側面もあります。人類の持続可能な発展と地球環境の保全に向けた科学技術の在り方を多面的に学びます。
「第6回エコ大学ランキング」で
5つ星獲得
日本工業大学は、2015年に「第6回エコ大学ランキング」(NPO法人エコ・リーグ)で、総合部門最高評価となる「5つ星エコ大学」に認定されました。同ランキングは、大学の二酸化炭素排出量、地球温暖化対策、環境教育、学生との活動連携などを調査し、集計ポイントの上位大学を表彰するもの。日本工業大学は、2010年から上位入賞を続けており、2012年には私立大学として初めて総合1位を獲得しました。全学的な環境対策に加え、学生が主体となって地域連携に取り組んでいる点なども高い評価につながったようです。
環境活動を促進する
2団体から表彰・認定
日本工業大学の環境への取り組みは、多方面から評価されています。2016年には、「エネルギー管理優良事業者等表彰」で、「関東経済産業局長賞」を受賞しました。また同月、環境に配慮した持続可能な社会の実現に貢献する大学キャンパスを評価するサステイナブルキャンパス推進協議会の「サステイナブルキャンパス評価」で、第2位となる「ゴールド」認定を獲得しました。

PAGE TOP