基幹工学部
電気電子通信工学科
社会を支える動力設備からスマート情報機器 そして人をつなぐ情報通信を学ぶ
インターネットや携帯電話の誕生は世の中を大きく変え、スマートフォンはいまや私達の生活に欠かせないものとなりました。こうした情報機器の中身や信号の送受信、それらを動作させるための電気などのすべてが電気電子通信工学科の学びの対象となります。自動車や家電製品など関係するフィールドは多種多様。人々の生活の土台を支える分野で活躍できる知識と技術を修得することができます。
学科の特長
「電気情報」「電子情報通信」の2系統の学び
主に2つの系統に区分される学びに幅広く取り組むことで、基幹技術を身につけたうえで新たな発想を生み出すことのできるエンジニアを育成します。
エンジニアに必要不可欠な技術が身につく
計測技術や開発技術など、実習・実験を通して実践的な技術を身につけます。卒業後、現場で活躍できるエンジニアとなるために必要不可欠な力を4年間で修得します。
あらゆる産業で求められる知識を修得
基礎的な知識と技術を重視し、電気電子通信に関わる幅広い分野で活躍できる技術力を習得。さらには新たな価値を有した技術を創発できる素養も培います。
学びの系統
電気情報系:電気分野
電気設備などに興味のある学生が外せない科目です。この分野は「強電」と呼ばれ、電気電子通信工学の中で、高電圧や大電流を扱う分野です。強電特有の理論とともに、「電気電子工学実験Ⅲa,Ⅳa」で強電を扱う際の安全面も含めて実践的に学修します。社会インフラを支える分野です。
電子情報通信系:電子分野
電化製品や電気電子材料などに興味のある学生が外せない科目です。この分野は「弱電」と呼ばれ、電気電子通信工学の中で低電圧や低電流を扱う分野です。電子部品や半導体を扱う電子材料も重要なテーマです。私達の身近な所にあり、エレクトロニクス社会を具現化する分野です。
電子情報通信系:通信分野
携帯電話が無くては人と人のコミュニケーションが成り立たない現在において、無線通信や情報ネットワークなどの通信技術は、情報を伝達する手段として必要不可欠です。電気電子通信工学で学ぶ通信とは、人と人、あるいは人と装置を結びつける分野です。
電気情報系と電子情報通信系に共通する情報分野
情報系は、電子制御やディジタル信号処理に直結しており、情報工学に興味をもつ学生だけでなく、電気電子通信のすべての分野に深く関係しています。私達の日々の生活や社会インフラを支える電子装置と、人との間を快適につなぐ分野です。

PAGE TOP