建築学部 建築学科
生活環境デザインコース
人の心の「豊かさ」を育む室内空間や住環境について学ぶ
建物の設計はもちろん、人が暮らす空間にはインテリアや照明など、快適に過ごすための細かな造作が施されています。生活環境デザインコースでは建築学をベースに、住居・公共空間・店舗・福祉施設などさまざまな場所における生活空間づくりの技術と知識を培います。子どもから高齢者まで、多様なユーザーの多様な用途をイメージしながら、人の心の「豊かさ」につながる空間づくりのエキスパートをめざします。
学科の特長
広い視野から生活環境を考える力を養う
人々の暮らしをイメージするには、社会や文化を理解し、人を理解する力が必要です。現場での体験やコミュニケ—ションを通して、広い視野と想像する力を高めます。
実習を通してアイデアを形にする力を修得する
アイデアを発案するだけでなく、課題を形にするだけでもない。設計製図や家具制作を通して、ゼロからアイデアを発案し、自らの手で実際に形にするスキルを修得します。
一級建築士をめざした基礎づくり
一級建築士の資格取得をめざすことのできるカリキュラムを設定しています。大学で指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経ることで受験が可能となります。
学びの系統
住空間デザイン分野
インテリアデザインのセンスと建築の技術を併せ持ち、住宅の設計や身の回りの室内空間をトータルコーディネートできるデザイナーを養成します。建築の基礎知識を身につけたうえで、優れた建築の空間体験や家具を実際に制作するといったものづくり体験も重視します。
福祉空間デザイン分野
高齢社会に対応した住環境や社会福祉施設を題材とした設計技術を学ぶとともに、介護体験や生活空間実験演習を通して人と空間の関わりを体験的に学習します。安全で快適な住まいや生活福祉環境をトータルコーディネートできるエキスパートを養成します。

PAGE TOP