建築学部 建築学科
生活環境デザインコース
人の心の「豊かさ」を育む室内空間や住環境について学ぶ
建物の設計はもちろん、人が暮らす空間にはインテリアや照明など、快適に過ごすための細かな造作が施されています。生活環境デザインコースでは建築学をベースに、住居・公共空間・店舗・福祉施設などさまざまな場所における生活空間づくりの技術と知識を培います。子どもから高齢者まで、多様なユーザーの多様な用途をイメージしながら、人の心の「豊かさ」につながる空間づくりのエキスパートをめざします。
学科の特長
広い視野から生活環境を考える力を養う
人々の暮らしをイメージするには、社会や文化を理解し、人を理解する力が必要です。現場での体験やコミュニケ—ションを通して、広い視野と想像する力を高めます。
実習を通してアイデアを形にする力を修得する
アイデアを発案するだけでなく、課題を形にするだけでもない。設計製図や家具制作を通して、ゼロからアイデアを発案し、自らの手で実際に形にするスキルを修得します。
一級建築士をめざした基礎づくり
一級建築士の資格取得をめざすことのできるカリキュラムを設定しています。大学で指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経ることで受験が可能となります。
カリキュラムポリシー
本学科では、建築に関する高度な知識と技術、思考力、構想力によって未来の社会および文化を創造する実践的な専門家を育成します。学生がディプロマポリシーに掲げ る学習・教育到達目標を達成できるように、共通科目と専門科目をバランスよく配置しています。
「建築コース」と「生活環境デザインコース」の2つのコースを設置し、建築学的な視点からの課題発見能力、問題解決能力、コミュニケーション能力を実践的に育成するカリキュラムを用意します。

  • (1)建築学を基礎としながら、「住まいを中心とした空間デザイン」と「福祉に配慮した空間づくり」という2本柱を軸に、建築の文化と技術の融合について幅広い視点から学修します。
  • (2)社会の変化に対応し、人々の日常生活を豊かにする空間を創造する力を養います。
学びの系統
住空間デザイン分野
インテリアデザインのセンスと建築の技術を併せ持ち、住宅の設計や身の回りの室内空間をトータルコーディネートできるデザイナーを養成します。建築の基礎知識を身につけたうえで、優れた建築の空間体験や家具を実際に制作するといったものづくり体験も重視します。
福祉空間デザイン分野
高齢社会に対応した住環境や社会福祉施設を題材とした設計技術を学ぶとともに、介護体験や生活空間実験演習を通して人と空間の関わりを体験的に学習します。安全で快適な住まいや生活福祉環境をトータルコーディネートできるエキスパートを養成します。
» めざす資格(分野共通)
一級建築士(指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経て受験可能)、二級建築士・木造建築士(指定科目の単位を修得し、卒業後直ちに受験可能)、1級建築施工管理技士(卒業後3年以上の実務を経て受験可能)、1級インテリア設計士(卒業後1年以上の実務を経て受験可能)、インテリアプランナー(在学中に受験可能)、インテリアコーディネーター(在学中に受験可能)、2級福祉住環境コーディネーター(在学中に受験可能)、マンションリフォームマネジャー(在学中に受験可能)、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術・数学)
» 将来の進路
建築デザイナー(住宅・店舗・福祉施設設計など)、インテリアデザイナー、福祉空間コーディネーター、住宅設備機器の製品開発者、施工管理者、建築行政公務員・教員
科目PICK UP
住空間の設計
身の回りから人とモノ、人と人の関係を空間化して生活の場を組み立て、シェアハウスの設計をまとめます。
インテリアワークショップ
空間を想定しながらデザインコンセプトを組み立て、規定のサイズや木材の特性を考慮しながらオリジナルの椅子の設計・制作をします。
生活空間実験演習
学内の複数の場所から水を採取して水質を検査するなど環境測定を行ったり、身近な建築材料の性能試験を行い、生活空間を構成する要素に関する理解を深めます。
研究室PICK UP
空間デザイン研究室
[足立真教授/博士(工学)]
身近な空間から地域、都市へと
連続的に空間をデザインする
ひとつの部屋、1軒の住宅、地域へと、空間を連続的にとらえて構成するのが研究室の考え方です。場所と場所のつながりを意識しながら、家具や建築部材の素材や形状、位置関係など、空間の要素ごとに意味をもたせます。その空間が利用者の生活実態や地域性に合っているのかを検証する作業も不可欠です。奇をてらわなくても、少しの変化で魅力は倍増する可能性があります。複眼的な思考で建物に向き合い、変化のベースとなる発想の幅を広げましょう。
学部4年次には、1年かけて模型を制作。地域を見つめ、人々の日々の暮らしを間近で見て、「この地域でできること」を自分で考えて実体化していく。模型づくりではなく、このプロセスを理論として体系化し、論文にまとめることもできる。
環境共生・建築設備研究室
[樋口 佳樹 准教授/博士(工学)]
自然の力を利用しながら
省エネを実現する環境共生建築
新旧さまざまな環境システムを混在させた自然エネルギー利用住宅を研究しています。水車を利用した精米や生ごみの堆肥化といった昔ながらの技術から、微生物と植物の力で排水を浄化する「傾斜土槽システム」まで、研究テーマは多岐にわたります。想定しているのは、東南アジア向けの技術支援。地域によって異なるインフラの整備状況に応じた技術活用のひとつとして、アナログな手法で省エネ・高効率を実現する環境共生建築をめざしています。
キャンパス内にある食堂の排水を利用した「傾斜土槽システム」。排水から栄養分を吸収して植物が育ち、土中の微生物は排水を浄化する。屋根の傾斜を利用すれば容易に設置できるシンプルな構造のため、途上国での環境対策にも有効となる。

PAGE TOP