先進工学部
情報メディア工学科
未来のインターネットを形づくる最新の技術・表現技法を習得する
もはや生活の一部となったスマートフォンやインターネットをはじめ、情報技術は世界の在り方と、私達の生活を大きく変えました。情報メディア工学は現代の工学技術に欠かせないものであり、その活用方法は現在進行形で拡大しています。本学科では情報工学の知識だけでなく、自ら情報発信を行うためのメディア表現技法も学習。世界に新しい価値を創造することができる、次世代のエンジニアを育成していきます。
学科の特長
進路にあわせた3系統の学び
「ソフトウェアデザイン系」「メディアデザイン系」「ビジネスシステム系」の3系統を設置。将来の進路にあわせて科目を履修できる仕組みとしています。
次世代のメディアをデザイン・発信する力
社会変化への感度を高め、未来を予測するための感性を養います。さらに次世代のメディアをデザインし、社会へ発信する能力を培います。
実践的問題解決能力を身につける
課題を解決するためのシステムをチームで実際に構築します。そのプロセスを通して将来的に活用できる実践的問題解決能力を身につけます。
カリキュラムポリシー
本学科では、高度に発達し、目まぐるしく変化する現代の情報化社会で活躍できる、情報メディア分野において高度で実践的な技能を有する、高度技能技術者を育成します。学生がディプロマポリシーに掲げる学習・教育到達目標を達成できるように、共通科目と専門科目をバランスよく配置しています。
「ソフトウェアデザイン」「メディアデザイン」「ビジネスシステム」の3つの専門知識分野を中心に、情報メディア工学の視点から、課題発見能力、問題解決能力、コミュニケーション能力を実践的に育成するカリキュラムを用意します。

  • (1)入学時からの徹底したプログラミング教育を通じて、プログラミング技術を養います。ゲームやCGを製作するためのプログラミングも学修します。
  • (2)映像コンテンツ製作のための、企画、撮影、編集のプロセスに関する実践的な方法論と技術を身につけます。
  • (3)顧客を終着点とし、製品/サービスを届けるまでに行う諸プロセスにおいて必要とされる活動と、付加価値としてのサービスの品質を定量的に評価する方法について学修します。
  • (4)2年次の「メディアデザインプロジェクトⅠ・Ⅱ」では、プロジェクトで開発作業を進める上で必要となる、基本的な課題発見能力、問題解決能力、コミュニケーション能力、およびチームで仕事をする力を主体的に身につけます。
  • (5)3年次の「メディアデザインプロジェクトⅢ・Ⅳ」では、自治体、NPO、福祉施設から依頼を受けて、映像コンテンツの企画、製作、公開、更新、システムの設計、開発、導入、保守・運用に取り組みます。
  • (6)3年次、4年次の「情報ボランティアⅠ~Ⅲ」では、地元の小・中学校、福祉施設、自治体などで、情報技術を活かしたボランティア活動に取り組みます。
学びの系統
ソフトウェアデザイン系
「"想像"したことを実際に"創造"することができる開発力」を身につけます。論理的思考に基づくプログラミング能力およびソフトウェアの設計・開発能力を育成することを目的とします。
メディアデザイン系
「人と人、人とできごとをつなげ効果的にメッセージを伝えることができる対話力」を身につけます。メディア情報システムの設計・開発能力およびメディアコンテンツ制作能力を育成することを目的とします。
ビジネスシステム系
「微細な社会変化をとらえ、情報を選別しながら潜在的なニーズを捉えられる分析力」を身につけます。情報システムの構築能力およびビジネスシステムの企画・評価・マネジメント能力を育成することを目的とします。
» めざす資格(分野共通)
ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、データベーススペシャリスト、ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、情報セキュリティマネジメント、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術、数学)
» 将来の進路
映像制作、メディア開発、システム開発、技術サービス(保守・点検など)、システムインテグレイションなどを中心とする情報産業全般。IoT、M2Mなどの先進技術を用いた製造業、物流業など。中学校・高等学校教員。大学院進学。
科目PICK UP
プログラミングⅠ/Ⅱ
社会で幅広く利用されているC 言語を学びます。プログラミング初心者の学生に対しては、丁寧に基礎から指導していきます。
情報ボランティアⅠ~Ⅲ
地域の学校や施設で、情報活用支援やシステム開発にボランティアとして関わります。知識を活かしつつ、問題解決能力向上を図ります。
オペレーティングシステム
ハードウェアとソフトウェアの知識を修得し、中核技術であるオペレーティングシステムの基本原理と機能をLinuxで実践的に学びます。
研究室PICK UP
複雑系工学研究室
[佐藤進也教授/博士(情報理工学)]
「結びつき」は如何に機能を生み出すのか
そのメカニズムの解明と応用を目指す
「三人よれば文殊の知恵」と言われるように、人の「結びつき」が新たな可能性を生み出すことはよく知られています。また、近年社会的にも注目されている技術であるディープラーニングでは、コンピュータ上の仮想的な神経細胞の「結びつき」を調整することにより高度な情報処理機能を実現しています。本研究室では、様々な「結びつき」に着目し、高度な機能を実現するための「結びつき」の設計や調整の方法論を研究しています。
脳は神経細胞のネットワークである。その「結びつき」が知能という機能を生み出す。このメカニズムを理解するため、シミュレータを使って信号の伝播状況を解析する。得られた知見をもとに高度な人工知能の実現に挑む。
情報・メディア教育研究室
[大橋裕太郎准教授/博士(学術)]
情報・メディアの在り方を追求し
「新しい仕組み」を創造する
情報・メディア教育のツールとなるゲーム開発を行っています。重要なのは、日常生活の中で、人々がICT(情報通信技術)やメディアにどのような「意味」を見出し、どのような「状況」で使っているのかを追究すること。そこから新たなモノやサービスが生まれます。研究室では、デジタルメディアやプログラミングの技術を駆使したゲームや教育プログラムの開発を通じて、社会を豊かにする「新しい仕組み」の創造をめざしています。
学生は「Processing」や「Unity」といった開発ツールを駆使して、教育支援ゲームを制作。個人/チームで仕上げた作品は、埼玉県立近代美術館で展示・発表する。「何よりもみんなでものをつくり上げる楽しさを実感してほしい」(大橋准教授)

PAGE TOP