先進工学部
情報メディア工学科
超スマート社会を形づくる最新の技術・表現技法を学ぶ
もはや生活の一部となったスマートフォンやインターネットをはじめ、情報技術は世界の在り方と、私達の生活を大きく変えました。情報メディア工学は現代の工学技術に欠かせないものであり、その活用方法は現在進行形で拡大しています。本学科では情報工学の知識だけでなく、自ら情報発信を行うためのメディア表現技法も学習。世界に新しい価値を創造することができる、次世代のエンジニアを育成していきます。
進路にあわせた3系統の学び
「ソフトウェアデザイン系」「メディアデザイン系」「ビジネスシステム系」の3系統を設置。将来の進路にあわせて科目を履修できます。
次世代のメディアをデザイン・発信する力
社会変化への感度を高め、未来を予測するための感性を養います。さらに次世代のメディアをデザインし、社会へ発信する能力を培います。
実践的問題解決能力を身につける
課題を解決するためのシステムをチームで実際に構築します。そのプロセスを通して将来的に活用できる実践的問題解決能力を身につけます。
学びの系統
ソフトウェアデザイン系
「“想像”したことを実際に“創造”することができる開発力」を身につけます。論理的思考に基づくプログラミング能力およびソフトウェアの設計・開発能力を育成することを目的とします。
メディアデザイン系
「人と人、人とできごとをつなげ効果的にメッセージを伝えることができる対話力」を身につけます。メディア情報システムの設計・開発能力およびメディアコンテンツ制作能力を育成することを目的とします。
ビジネスシステム系
「微細な社会変化をとらえ、情報を選別しながら潜在的なニーズを捉えられる分析力」を身につけます。情報システムの構築能力およびビジネスシステムの企画・評価・マネジメント能力を育成することを目的とします。
科目PICK UP
プログラミングⅠ・Ⅱ
社会で幅広く利用されているC言語を学びます。プログラミング初心者の学生に対しては、丁寧に基礎から指導していきます。
メディアデザインプロジェクトⅠ~Ⅳ
1~2学年に習得したプログラム言語を実践的に使いこなします。プロジェクトの企画からアウトプットまで学生が主体となって取り組みます。
情報ボランティアⅠ~Ⅲ
地域の学校や施設で、情報活用支援やシステム開発にボランティアとして関わります。知識を活かしつつ、問題解決能力向上を図ります。
» 将来の進路
映像制作、メディア開発、システム開発、技術サービス(保守・点検など)、システムインテグレイションなどを中心とする情報産業全般。IoT、M2Mなどの先進技術を用いた製造業、物流業など。中学校・高等学校教員。大学院進学
» めざす資格
ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、データベーススペシャリスト、ネットワークスペシャリスト、情報セキュリティスペシャリスト、情報セキュリティマネジメント、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術)

PAGE TOP