建築学部 建築学科
建築コース
建築の技術とデザインの融合による100年後まで見据えたまちづくり
これからの「まち」に求められるものは何か。快適な生活や賑やかな地域、魅力的で安全に過ごせる空間など、そこにはたくさんの要素が秘められています。建築コースでは、建築デザインとエンジニアリングの両側面から、実践的なものづくりと理論を同時に修得。ただ建物をつくるだけではなく、遠い未来の人々の暮らしまでもイメージしながらまちづくり・地域づくりに取り組める建築家・建築技術者を育成します。
学科の特長
デザイン・設計から構造・素材まで幅広く
建築デザイン・設計、歴史、計画、構造、材料、環境など建築物に関わるあらゆる分野に取り組み、卒業後に活きる基礎力を積み重ねていきます。
自ら考えて行動する力を培う
学外とのコラボレーションや共同研究、設計コンペへの出展、学内外での研究発表などを通して、学生自身が自ら考えて行動する自主性と積極性を身につけていきます。
一級建築士をめざした基礎づくり
一級建築士の資格取得をめざすことのできるカリキュラムを設定しています。大学で指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経ることで受験が可能となります。
カリキュラムポリシー
本学科では、建築に関する高度な知識と技術、思考力、構想力によって未来の社会および文化を創造する実践的な専門家を育成します。学生がディプロマポリシーに掲げ る学習・教育到達目標を達成できるように、共通科目と専門科目をバランスよく配置しています。
「建築コース」と「生活環境デザインコース」の2つのコースを設置し、建築学的な視点からの課題発見能力、問題解決能力、コミュニケーション能力を実践的に育成するカリキュラムを用意します。

  • (1)年次進行に応じて設置された、計画、歴史・意匠、構造・材料、環境・設備といった建築の専門分野に位置づけられる科目を通じて、それらの総合力を身につけます。
  • (2)将来の方向性に対応した分野に特化した高い専門性を極めます。快適かつ安全・安心な都市や建築の創造に取り組みます。
学びの系統
建築・都市デザイン分野
建築から都市までを対象に、企画・計画・設計を学びます。なかでも重視しているのが、手書きとコンピュータ(CAD)の両方の設計製図です。また、地域の計画、歴史的環境の保存についても学びます。
構造・環境エンジニアリング分野
地震などの災害に強い建築、健康で快適な居住環境の実現をめざし、工学的に建築を学びます。構造や建築材料、環境工学の実験を重視し、課題発見能力や問題解決能力を備えた技術者をめざします。
» めざす資格(分野共通)
一級建築士(指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経て受験可能)、二級建築士・木造建築士(指定科目の単位を修得し、卒業後直ちに受験可能)、1級建築施工管理技士(卒業後3年以上の実務を経て受験可能)、建築積算士、建築積算士補(指定科目の単位を修得し、在学中に受験可能)、1級インテリア設計士(卒業後1年以上実務を経て受験可能)、インテリアプランナー(在学中に受験可能)、高等学校教諭一種免許(工業)、中学校教諭一種免許(技術・数学)
» 将来の進路
建設業の建築工事業を中心として、設備工事業、建築設計業が主な就職先ですが、住宅メーカーや建材メーカー、不動産業などの建築関連産業分野にも幅広く就職しています。
科目PICK UP
建築設計Ⅲ
図面や建築模型を使ってどんな人がどのように建築空間を使うか考察し、設計について理解を深めます。
建築環境実験演習
光や音、空気、温度、湿度などの環境は、快適性に大きく関わります。計測機器による測定法を修得し、建築環境について理解を深めます。
構造工学演習
安全と耐久性を高めるには、建築設計において適切な構造材料を選ぶことが基本です。部材がもつ特徴を実験・実習から理解します。
研究室PICK UP
建築材料工学研究室
[菊田貴恒准教授/博士(工学)]
優れた環境性能や耐久性を兼ね備えた
高付加価値のセメント系材料を開発
コンクリートは添加剤や配合次第で、世の中に存在していない新素材に姿を変える可能性を秘めています。たとえばカーボンナノチューブを組み合わせた超高強度コンクリートや、強靭さと柔軟さを兼ね備え、耐震性の高い曲がるコンクリートなど。研究の出発点は、既存の材料の弱点を知り、劣化の仕組みを理解すること。無限の可能性がある分野ですから、挑戦のしがいは十分。企業との共同研究も多く、社会人として必要な素養も身につくはずです。
成型した"新種"のコンクリートは、精密万能試験機で分析。注目株は、次世代の住宅用断熱材として期待がかかる軽量断熱材。スペースシャトルでも使用されたエアロゲルを配合させ、優れた耐久性による長寿命化を実現させている。
建築文化史・修復デザイン研究室
[西本真一教授/博士(工学)]
太古の建築を解き明かし
史跡の工法や知恵を知る
ある柱の長さが建築時の基準の単位となり、建物のいたるところが、その長さの倍数になる。ピラミッドに代表される石の建物にも、神殿や宮殿と呼ばれる古代建築にも、そんなルールがあります。この謎多きルールや建築手順の解明が、古代の貴重な建物を保存・修復する際の大前提になります。研究対象はエジプトや東南アジア、日本国内でも構いません。現代の建築手法との相違点を読み解きながら、建築当時の知恵や工夫に触れていきましょう。
1985年からエジプトで行われているマルカタ王宮の復元プロジェクト。鉱物系塗料の色彩豊かな当時の姿を追い求め、1/6スケールでの復元を進める。国内で古代エジプト建築を学べる環境は非常に少ない。

PAGE TOP