建築学部 建築学科
建築コース
建築の技術とデザインの融合による100年後まで見据えたまちづくり
これからの「まち」に求められるものは何か。快適な生活や賑やかな地域、魅力的で安全に過ごせる空間など、そこにはたくさんの要素が秘められています。建築コースでは、建築デザインとエンジニアリングの両側面から、実践的なものづくりと理論を同時に修得。ただ建物をつくるだけではなく、遠い未来の人々の暮らしまでもイメージしながらまちづくり・地域づくりに取り組める建築家・建築技術者を育成します。
学科の特長
デザイン・設計から構造・素材まで幅広く
建築デザイン・設計、歴史、計画、構造、材料、環境など建築物に関わるあらゆる分野に取り組み、卒業後に活きる基礎力を積み重ねていきます。
自ら考えて行動する力を培う
学外とのコラボレーションや共同研究、設計コンペへの出展、学内外での研究発表などを通して、学生自身が自ら考えて行動する自主性と積極性を身につけていきます。
一級建築士をめざした基礎づくり
一級建築士の資格取得をめざすことのできるカリキュラムを設定しています。大学で指定科目の単位を修得し、卒業後2年以上の実務を経ることで受験が可能となります。
学びの系統
建築・都市デザイン分野
建築から都市までを対象に、企画・計画・設計を学びます。なかでも重視しているのが、手書きとコンピュータ(CAD)の両方の設計製図です。また、地域の計画、歴史的環境の保存についても学びます。
構造・環境エンジニアリング分野
地震などの災害に強い建築、健康で快適な居住環境の実現をめざし、工学的に建築を学びます。構造や建築材料、環境工学の実験を重視し、課題発見能力や問題解決能力を備えた技術者をめざします。

PAGE TOP