先進工学部
ロボティクス学科
人工知能やロボット技術など未来へつながる先駆的分野
ロボットとは多様な工学技術をひとつの形に統合したもの。その製作には機械工学、制御工学、電気工学、情報工学などの基礎的知識を修得したうえで、さまざまな状況に対応するための要素技術を身につけていることが必要です。本学科では講義と実習の両面から、必要となる知識・技術を修得。産業分野から日常生活まで、あらゆる場面での活躍が見込まれるロボットの可能性を、先駆的な学びの中で探求していきます。
学科の特長
横断的に多分野の知識・技術を学ぶ
機械工学、制御工学、電気工学、情報工学など幅広い工学分野を学修します。それらをロボットに統合するための技術もあわせて身につけます。
実験・実習を中心としたカリキュラム
授業では実際に手を動かすことで講義で学んだ知識への理解を深め、実践的な技術を身につけます。知的好奇心を刺激し、興味を持って学べる環境を重視しています。
幅広い分野で活躍できる能力を修得する
あらゆる工学分野を修得する学科だから、ロボット分野だけでなく、その他の製造業やシステム関連分野など、将来の進路は多様に広がっています。
カリキュラムポリシー
本学科では、ロボット技術を中心として、自分の工学の専門性と自分以外の人が持っている他の複数の工学の専門性を組み替えて活用し人類を幸せにする新しい技術を提案・実現できるクロスリンク型の技術者を育成します。学生がディプロマポリシーに掲げる学習・教育到達目標を達成できるように、共通科目と専門科目をバランスよく配置しています。
最先端のロボット工学を中心に、「機械」「電気・電子」「情報」「制御」等の様々な工業分野の基礎知識と、特定の分野の高い専門性を有し、自分の専門性と他の専門性を組み替えて活用できる能力を実践的に育成するカリキュラムを用意します。

  • (1)2年次までは、全ての技術のバックグラウンドになる、機械、電気・電子、情報、制御の4分野に関する広い基礎技術を、PLCのような生産現場で広く用いられている制御装置からヒューマノイドのような最先端のロボットまで、多くの実機を用いた実験・実習科目と、これらに関係する講義科目とを有機的に組み合せて学修します。
  • (2)3年次から研究室配属を行い、「プロジェクト研究」「卒業研究ゼミナール」で、関連学会での研究発表を視野に入れた時代の最先端をゆく質の高い卒業研究に向けたPBL 教育により専門性の高い知識・技術を実践的に修得します。
  • (3)4年次の「卒業研究」では、他研究室と交流しながら複合技術であるロボット研究・開発を行うことで、研究能力だけでなく、コミュニケーション能力やマネジメント能力などのクロスリンク型技術者に必要な素養を育成する。
  • (4)情報処理技術者の資格取得に必要な知識・技術を中心に、基礎から先進技術まで現場で必要とされる情報技術を、最新のコンピュータ設備を用いて実践的に修得します。
  • (5)3次元CADソフト(CAD)と運動・構造解析ソフト(CAE)とを組合せた設計から、3DプリンタやCNC 加工機による部品製作までの一連の製品開発を行い、実践的に設計・製図・製造技術を修得します。
学びの系統
ハードウェア系
機械製図や設計、電気回路といったロボットを製作するためのハードウェア(物理的な構成要素)について学びます。演習・実験と並行して講義を受けることで機構や材料、電子部品等の具体的な利用方法を学びロボットなどの設計・開発ができるようになります。
» めざす資格(分野共通)
機械設計技術者、CAD 利用技術者、電気工事士、電気主任技術者、高等学校教諭第一種免許(工業)(申請中)、中学校教諭第一種免許(技術)(申請中)その他、機械系電気系の資格取得をめざせます
» 将来の進路
製造業の中で加工や組立を行うような機械系・電気系メーカーを中心に設計開発などを行う会社への就職が期待できます。
ソフトウェア系
プログラミングやプロジェクト管理技術を学ぶことができます。また、プログラムでロボットなどを動かすための技術として、システムのモデリングやシミュレーションの仕方、マイコンを利用したプログラムの実行方法・制御手法などについても学べます。
» めざす資格(分野共通)
IT パスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、高等学校教諭第一種免許(工業)(申請中)、中学校教諭第一種免許(技術)(申請中)
» 将来の進路
情報系企業だけでなく、情報技術を必要としている製造業やサービス業など、幅広い分野の企業への就職が期待できます。
科目PICK UP
ロボット工学演習
高度なプログラミング技法が要求される人間型ロボットの動作教示を実機によって演習し、複雑なシステムの制御方法を学びます。
制御プログラミング
モータとセンサがついたロボットの制御プログラムを作成する演習を通じ、メカトロニクス制御とマイコンのプログラミングの実際を学びます。
CAD 演習
3次元CADを初めて勉強するための授業です。3次元CADシステムの基本操作である、モデリング、製図、組立の操作を学びます。
研究室PICK UP
IRTシステム研究室
[滝田謙介准教授/博士(工学)]
「これが欲しかった」と思われるような
社会のニーズに合ったロボットを開発
私達が研究しているのは、社会で実際に役に立つロボットです。具体的には、レスキュー用ロボットや被災建造物内の探査ロボットなどを開発しています。理想とするのは、人間と 共存するロボット。人間の仕事を確保しながら、安全性や効率性を格段に向上させることが目的です。社会には、ロボットの活躍の場がまだまだあります。学生達には、まだ見えていない社会のニーズを発見し、技術で応えるエンジニアをめざしてほしいですね。
ジャイロセンサーを搭載したレスキュー用ロボット。周辺環境の情報を距離センサーで収集し、「ラズベリーパイ」と呼ばれるマイコンでキャッチした情報を処理する。
フィールドロボティクス研究室
[櫛橋康博准教授/博士(工学)]
日本の林業を活性化させる
「森林作業支援ロボット」
日本の山は、急斜面で複雑な形状をしていることから、林業の機械化が欧米の先進国に比べて遅れています。その課題を解決すべく、現場の声を聞き、日本の林業に合った支援の形を工学的に考えた「森林作業支援ロボット」の開発を進めています。研究は高所作業用の木登りロボットから、GPSを利用した安否確認用のネットワークシステムまで幅広く取り組んで います。作業支援、情報支援の両面から、現場で役立つ新たなテクノロジーを創造します。
3Dプリンターをはじめ、さまざま工作機械が揃う研究室。思いついたら、すぐに手を動かして製作作業ができる環境を実現している。機械工学、電子工学、情報工学など幅広い知識を駆使した課題解決の経験は、林業だけでなくあらゆる分野で応用可能だ。

PAGE TOP