先進工学部
ロボティクス学科
人工知能やロボット技術など未来へつながる先駆的分野を学ぶ
ロボットとは多様な工学技術をひとつの形に統合したもの。その製作には機械工学、制御工学、電気工学、情報工学などの基礎的知識を修得したうえで、さまざまな状況に対応するための要素技術を身につけていることが必要です。本学科では講義と実習の両面から、必要となる知識・技術を修得。産業分野から日常生活まで、あらゆる場面での活躍が見込まれるロボットの可能性を、先駆的な学びの中で探求していきます。
横断的に多分野の知識・技術を学ぶ
機械工学、制御工学、電気工学、情報工学など幅広い工学分野を学修します。それらをロボットに統合するための技術もあわせて身につけます。
実験・実習を中心としたカリキュラム
授業では実際に手を動かすことで講義で学んだ知識への理解を深め、実践的な技術を身につけます。知的好奇心を刺激し、興味を持って学べる環境を重視しています。
幅広い分野で活躍できる能力を修得する
あらゆる工学分野を修得することで、ロボット分野だけでなく、その他の製造業やシステム関連分野など、将来の進路は多様に広がります。
学びの系統
ハードウェア系
機械製図や設計、電気回路といったロボットを製作するためのハードウェア(物理的な構成要素)について学びます。演習・実験と並行して講義を受けることで機構や材料、電子部品等の具体的な利用方法を学びロボットなどの設計・開発ができるようになります。
ソフトウェア系
プログラミングやプロジェクト管理技術を学ぶことができます。また、プログラムでロボットなどを動かすための技術として、システムのモデリングやシミュレーションの仕方、マイコンを利用したプログラムの実行方法・制御手法などについても学べます。
科目PICK UP
ロボット工学演習
高度なプログラミング技法が要求される人間型ロボットの動作教示を実機によって演習し、複雑なシステムの制御方法を学びます。
CAD/CAM/CAE
設計製造の現場で必要となる3次元CADを用いた3次元モデルおよび図面の作成を行うだけでなく、作業効率を向上させる解析シミュレーション・加工シミュレーションを学ぶ。
医療福祉工学
医療、福祉の現場で活用される工学支援について理解し、現状と課題について把握する。また、日常生活における工学支援について具体的な例を通じて学ぶ。
» 将来の進路
製造業の中で加工や組立を行うような機械系・電気系メーカーを中心に設計開発などを行う会社への就職が期待できます。また、情報系企業だけでなく、情報技術を必要としている製造業やサービス業など、幅広い分野の企業への就職が期待できます
» めざす資格
機械設計技術者、CAD利用技術者、電気工事士、電気主任技術者、ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、高等学校教諭第一種免許(工業)、中学校教諭第一種免許(技術)その他、機械系電気系の資格取得をめざせます

PAGE TOP