基幹工学部
応用化学科
化学+科学全般の知識をベースにスマートなものづくりを学ぶ
これまでにない新たな物質の合成や製造など、化学には私達の生活を大きく変える可能性が秘められています。ただしそれを実現するためには化学だけでなく、科学全般に対する幅広い知識が必要です。本学科では化学以外にも物理や生物などさまざまな分野を学び、化学関連産業に関わる人材に必要な豊かな基礎知識を修得。さらに最先端の研究にも取り組むことで、実践的な知識と経験を身につけていきます。
学科の特長
化学以外の分野もあわせて学修
カリキュラムには軸となる化学分野に加え、物理や生物など科学全般に関する科目も設置。卒業後に活きてくる基礎知識を学んでいきます。
広い視野と柔軟な適応能力を重視
生活のあらゆる場面に関わる化学分野では、時代ごとのニーズや課題に向き合う必要があります。本学科ではそんな時代の変化に対応できる、柔軟な人材育成を重視します。
最先端の研究から実践的能力を育成
卒業研究では教員とともに最先端の研究に取り組みます。研究者やエンジニアとしての素養が磨かれるこのプロセスを通して、実践的な知識と経験を身につけていきます。
カリキュラムポリシー
本学科では、化学関連産業で活躍できる実践力と創造力を持ったエンジニアを育成します。学生がディプロマポリシーに掲げる学習・教育到達目標を達成できるように、共通科目と専門科目をバランスよく配置しています。
  • (1)1年次から2年次にかけて、「有機化学」「物理化学」「無機化学」「反応工学」「機器分析化学」などの基礎的な専門科目を通して、化学に関する基礎的な知識を修得します。
  • (2)2年次から3年次にかけて、「有機反応論」「機能性無機材料工学」「材料評価技術」「生化学」などの応用的な専門科目を通して、より高度な化学に関する知識を修得します。
  • (3)3年次は、「有機光化学」「コロイド・界面化学」「ナノ・バイオデバイス」「生体分子工学」などの実践的な専門科目を通して、産業界・実社会で通用する知識を身につけます。
  • (4)化学以外にも物理・生物工学関連科目を通して、化学関連産業で活躍するために必要な幅広い自然科学の基礎を修得します。
  • (5)3年次から研究室に所属し、ゼミ・卒業研究を通して、機能性物質デザイン、ナノテクノロジー、材料プロセス技術、資源・エネルギー技術、バイオテクノロジーの各分野の先端研究に取り組むことで、より実践的な技術と経験、企画力、問題発見能力と解決能力、さらにプレゼンテーション能力を養うとともに、倫理観や自己研鑽への意識を高めます。
学びの系統
物質デザイン系
化学物質は約100種類の元素からつくられますが、各元素の組み合わせは無限にあります。ここでは人類の繁栄や地球環境の保全・改善に役立つ機能をもつ新しい物質をデザインし、創出する とともに、それらを実用的なデバイスへと応用することをめざします。
材料科学系
材料の化学的・機械的特性などの基礎的な知識をもとに、新しい材料を開発することをめざします。最先端の材料プロセス技術と分析・評価技術を駆使することによって、材料科学による技術革新を実現させ、未来の発展的持続可能社会を創っていきます。
生物工学系
バイオテクノロジー(生物工学)は、医療・食糧・環境など、色々な場面で利用されており、今後もさらに必要とされる大切な技術です。生き物がもつ不思議な能力を分子レベルで明らかにし、それらを実社会に役立つ新技術の開発に応用して、未来を切り開きます。
» めざす資格(分野共通)
毒物劇物取扱責任者(申請)、甲種危険物取扱者(受験資格)、火薬類製造保安責任者(一部科目免除)、技術士(一次試験 共通科目免除)、放射線取扱主任者、高圧ガス製造保安責任者、公害防止管理者、環境計量士、上級バイオ技術者、高等学校教諭一種免許(工業)(申請中)
» 将来の進路
大学院進学、化学関連製造業、製薬・薬品関連製造業、医療機器関連製造業、電子部品・デバイス関連製造業、精密機器・光学部品製造業、金属製品関連製造業、公務員、教員
科目PICK UP
化学実験Ⅰ
材料を調整したり分析したりする実験を通して、その背景や理論、実験操作の意味、正しい手順、データの処理法などを修得します。
生物工学実験基礎
微生物・植物・DNA・RNAなど、生物および生体関連物質を素材にした基本的な実験を通して、実験の操作手順や結果の解析手法を修得します。
応用化学実験Ⅱ
化学反応実験や構造解析など、企業の商品開発や研究の現場で実際に使用されるような実用性の高い実験技術や知識を修得します。
研究室PICK UP
ハイブリッド材料研究室
[大澤正久教授/博士(工学)]
有機物と無機物をかけ合わせることで
新たな機能をつくり出す
分子レベルでものづくりができる合成化学は、今日の豊かな物質社会の基盤をなす大切な学問です。研究室では有機ELディスプレーに使用する発光材料の合成研究を行っています。金属イオンと有機配位子が結びついたハイブリッド化合物に注目し、配位子(有機化合物)、金属イオン(無機化合物)、双方の優れた特性を活かした発光材料をデザインし合成することで、有機ELの高機能・高効率化をめざします。
合成した化合物に紫外線を照射し、色純度、発光の強さといった物性を検討していく。発光するメカニズムを研究するためには計算化学も不可欠。「合成化学だけではなく物理化学や量子化学、さまざまな領域が学べます」(大澤教授)
界面科学研究室
[福田めぐみ准教授/博士(工学)]
マクロスケールとミクロスケールで「界面」を解析
摩擦低減化技術の開発に挑む
私達の生活の利便性を高めてくれる電子機器の低消費電力化、微小機械の摩擦低減と耐久性向上に、界面科学の視点で取り組んでいます。電子機器や微小機械の小型化に伴い、構成材料の界面形状と界面ではたらく力の制御が重要になっています。界面科学研究室では、マクロスケールとミクロスケールで界面現象を理解し、界面ではたらく力を表面改質で制御することによって、電子機器や微小機械のさらなる性能向上に取り組んでいます。
研究は、界面の状態をマクロスケールとミクロスケールの双方の視点で理解することからスタート。身の回りにある化学現象に気を配り、「何が起きているのか」「表面がどのように加工されているのか」という興味を常に持っていることが大切になる。

PAGE TOP