物性物理

狩野 みか 講師

Laboratory

研究室紹介

私の研究室では「超高圧」を使った実験をしています。東京大学、米国強磁場研究所と共同開発したターンバックル式超小型DAC(ダイヤモンドアンビルセル)は、大きさが1cm3以下と非常にコンパクトであるにもかかわらず、内部に10GPa(10万気圧)以上の静水圧を発生させる事ができます。その小ささのメリットは、超高圧が印加された試料を様々な物性測定装置にインストールできる事です。測定温度・磁場範囲が大きく広がり、圧力下における物質の格子系の変化・電子間相互作用・磁気的相互作用による相転移の研究に大きく貢献してきました。近年はその中でも特に、圧力誘起の超伝導転移に焦点を絞り、新規超伝導体の発見およびその発現機構の解明を目的とし研究を続けています。

超小型ターンバックル式DACの模式図

試料に電極となる4端子をとりつけ、DACに封入し圧力下電気抵抗測定を行う。

圧力発生は小さなスペースで行えますが、極低温および強磁場の発生には大掛かりな装置が必要ですので、実際の測定は、主に東京大学・柏キャンパス内の物性研究所で行なっています。

測定例1:(TMTTF)2PF6の磁場中電気抵抗測定。圧力は約4.5 GPa。

測定例2:圧力下電気抵抗測定。この時の最大圧力は約10 GPa。