シェル・空間構造研究室

箕輪 健一 助教

Laboratory

研究室紹介

箕輪研究室では、シェル・空間構造物の構造安全性や可能性についての研究を行っています。シェル・空間構造物とは、柱のない大空間を構成する構造のことです。身近なところでは学校の体育館や野球場のドームなどがあります。これらの建築は、イベント時にはとても多くの人が集まります。さらに言えば、災害時には避難所としても使われる社会的に非常に重要な建築なのです。本研究室では、このような建築の安全性を向上させる方法ととともに、これらの建築を更に魅力的な空間にするための方法を提案することを目的に研究を行っています。

主な研究紹介

ラチスシェルや膜屋根の動特性評価と制振

シェル・空間構造の一種であるラチスシェルや膜屋根の地震や風による被害を無くすために研究を行っています。例えばラチスシェルは水平方向の地震動により鉛直方向に応答するなどの様々な特徴を有します。これらの特徴を明らかにした上で、高層ビルで実用化されている制振技術などを適用する方法を提案しています。

ラチスシェルの座屈耐力評価と補剛

積雪によるラチスシェルの崩壊などの被害を減らすためには、先ずは座屈耐力を把握することが大切です。シェルの座屈荷重を理論的に求めたり、数値解析や実験により座屈の性状を分析したりしています。また、ラチスシェルを補剛する方法を考え、より合理的な構造を目指しています。

自由曲面シェルの形態創生

近年、自由な形状の構造物がたくさん建設されています。その形を決める際に、構造や環境などの付加的な価値を高めることも出来るのではないかと様々な検討をしています。また併せて、新たなる構造形式や施工方法などを考案することで、建築技術の発展を目指しています。