建築環境工学研究室

三坂 育正 教授

Laboratory

研究室紹介

近年、気候変動に加えてヒートアイランド現象の影響で、都市の気温上昇が顕著であり、夏季に人々が感じる熱ストレスの増大などの生活影響が顕在化し、暑熱環境に適応した都市やまちづくりのニーズが高まっています。本研究室では、これから迎える「高温化社会」において、安心かつ快適に生活できる都市や建築空間を創出するための研究を進めています。新たな技術や素材の開発・性能評価、さらに技術の実践など、幅広い分野の機関と連携して暑熱対策の推進に取り組み、実験や実測による体験を重視することで、研究活動を通して、課題の発見能力や解決能力を身に着けることを目指しています。

主な研究紹介

暑熱環境に適応した屋外空間の設計手法に関する研究

ヒートアイランド対策において、人の熱ストレスの低減を目的とした「適応策」が推進されていますが、より快適な空間を創出することができれば、夏季の日中でも屋外空間を人が積極的に活用することが可能になるものと考えられます。日射遮蔽や表面被覆対策、ミスト噴霧などの技術を組合せることで、快適な空間が形成できる可能性が高くなります。暑熱環境対策による効果を、人の心理・生理反応、利用状況、作業効率等の多くの側面から評価することで、屋外空間においても、快適な空間創出を図るための研究を進めています。

ヒートアイランド緩和に関する研究

ヒートアイランド緩和を目指して適用す技術の緩和効果を検証する研究を進めています。例えば、都市の上空に特殊な日除けを設置し、大規模に日射遮蔽をすることでヒートアイランドを緩和する可能性についての基礎的な実験を進めています。また、都市内の小規模な緑地や緑化建築物に着目し、都市に残存する斜面緑地や中庭空間等における夜間の冷気生成と、発生した冷気の市街地の温熱環境に及ぼす影響を実測により確認することで、都市に存在する小規模な緑地の重要性を高める活動も行っています。

省エネルギー・暑さ対策技術の性能評価に関する研究

建物の省エネルギーや都市の暑熱環境緩和に向けて、様々な技術・素材が開発・適用されています。建物や都市の表面被覆対策として推進されているクールルーフ技術に関して、性能評価や効果の定量化に必要な熱的特性について、様々な技術の特性を考慮した、実験による評価手法の確立を進めています。建物内部空間への熱的な負荷の削減だけでなく、屋外空間の温熱快適性に対する影響についても評価をすることで、建物内外に対して環境配慮が出来る仕組みの構築を目指しています。