オープンキャンパス

TOPICS

8/5・6のオープンキャンパスみどころ

2017.08.01 オープンキャンパス

みどころ1
建築コース体験授業

「大空間建築の屋根形状を見てみよう」(8/5)
とあるスポーツ施設などに入ったとき、そこに広がる大空間に驚愕したり感動したりした経験はありませんか?この柱のない自由な空間を演出する大空間建築は、集客施設や避難所などの様々な形で利用されるという役割があるため、建築的な魅力だけでなく安全性への要求も高い建物です。さて、これらの建築にはどのような種類があるのでしょうか。本授業では、いくつかの事例を紹介しながら、それらの形状について触れていきます。

「夏の暑さ対策 ~日本の知恵と技術で快適な東京オリンピックを!~」(8/6)
東京オリンピック・パラリンピックは2020年の夏に開催されます。真夏の開催となるため、アスリートや観客の暑さ対策が懸念されています。快適な競技の実施や観戦のために、どのような対策が有効でしょうか?人が暑く感じる仕組みも踏まえて考えて見ましょう!

みどころ2
生活環境デザインコース体験授業

「自分らしく暮らすための老人ホームのデザイン」(8/5)
住み慣れた環境で人生の最後まで自分らしく暮らせることを多くの人が理想と考えています。しかし、心身の状態や家庭の状況により、老後の生活を老人ホームで過ごす人も少なくありません。住み慣れた家を離れることは容易でなく、高齢者に様々な負担を与える場合があります。どのようにしたら老人ホームで暮らす方々が、そこを自分の家のように感じ、自分らしく暮らすことができるでしょうか?この授業では、その問いについて空間デザインの観点から考えます。

「家具とインテリアと建築のデザイン」(8/6)
インテリアの設計をする際は、室内のつくりに合わせて一緒に家具のデザインも行うことがあります。さらには、家具が空間を分ける間仕切りのようになったり、家具の中に人の居場所が出来たりなど、家具と建物が一体化し、両者の境目がなくなるようなデザインもあります。家具と空間デザインの関係について事例を挙げてお話するとともに、大学で学生たちが制作した家具とインテリアについて紹介いたします。

みどころ3
体験工房

「涼しさ体験工房」
暑い夏の屋外空間で、涼しく過ごすための技術を体験してみよう。人が涼しく感じる理由を体験を通して理解しよう。

「作ってみよう継手・仕口」
機械加工により木造住宅の継手・仕口を製作してみませんか。製作した仕口を差し上げます。

「壊してみよう木造耐力壁」
地震や台風への抵抗力として耐力壁が働きます。では、耐力壁はどこまで耐えられるのでしょうか。加力実験によって、その力と壊れ方を体験してみましょう。

「比べてみよう材料の強さ」
代表的な材料である木・鋼・コンクリートについて、どのくらい知っていますか。重さは?強度は?変形は?実験で試してみましょう。

「作ってみよう建築模型」
建築設計の楽しさを模型で体験してみよう。本学LCセンターなどの模型を制作して実際に見学してみましょう。

「作ってみようミニチュア家具」(8/5のみ)
名作椅子のミニチュアを制作してみませんか。お土産にすれば、いつでも手に取ることができるデザインコレクションのひとつになるでしょう。

「測ってみよう名作椅子」(8/6のみ)
20世紀前半に制作された名作椅子を「描く」「測る」「考える」ことを通して、空間デザインの魅力の一端に触れてみましょう。