エンジンシステム研究室

中野 道王 教授

Laboratory

研究室紹介

エンジンが動力を得る際に発生する熱や排気中に含まれる有害物質は、いずれも燃焼の化学反応によってもたらされたものです。その化学反応を独自に改良したエンジンやガス分析装置を使って研究し、燃費や環境性能の高いエンジンの開発に挑んでいます。

主な研究紹介

高効率エンジン燃焼

ガソリンエンジンやディーゼルエンジンは、発電機、自動二輪車、自動車、船舶、航空機など、様々な分野で活躍しています。これらのエンジンに対して、CO2排出量や有害排出物質の低減などが要求されています。そこでエンジンシステム研究室では、熱効率を高めCO2排出量を低減するとともにクリーンな排気を実現するエンジンおよびエンジン燃焼の研究を進めています。

燃焼生成物の詳細分析と燃焼反応解析

燃料と酸素の化学反応によって熱と光が生じる燃焼現象は、エンジンなど様々なエネルギー変換装置で用いられています。エンジンに関する技術が進歩した現代において高効率化と低公害化をさらに進めるためには、機構や制御などの研究開発だけでなく燃焼反応の解明も必要となっています。エンジンシステム研究室では、最先端の分析装置を用いた独自の手法で燃焼反応の解明を進めています。