映像・メディアアート研究室

大山 麻里 教授

Laboratory

研究室紹介

「メディア」という言葉は「媒体」と訳され、情報を伝達、記録するための装置と捉えられています。また、メディアが伝達している内容は「コンテンツ」と呼ばれ、それは、知識や、心の感動を呼ぶイメージやストーリーのことです。コンピュータや映像の技術で、新しいメディアとコンテンツを創作、研究していきます。

日本の倉を使ったアート作品。オリジナルのライトで床に画像投影

主な研究紹介

体験型映像コンテンツ制作/ムービー、インタラクション、スペースによる表現の研究

ミュージッククリップ

エントランスロビーの大型映像