サイバネティクス研究室

吉澤 信幸 教授

Laboratory

研究室紹介

研究のアウトライン/自立・自律

近年、ロボット技術の進歩は著しく、様々な分野での応用が図られています。その1つであるサイバネティクス分野は、ロボット技術を人体など生体の機能補完や機能向上に役立てる研究分野です。当研究室では足腰のパワーアシスト装置の開発や、リハビリ支援装置の研究など、制御技術を基盤に人に優しく社会に役立つ研究を心掛けています。特に卒業研究では学んだ制御およびアナログ・デジタル技術を融合して、オリジナルなアシスト装置の設計から製作、評価、改良まで全てのプロセスを一人で担当させることにより、幅広い技術を持つ自立した、自律できる技術者・研究者の育成を目指しています。

主な研究紹介

パワーアシスト装置・リハビリ支援装置の研究

人が身につける装置は安全で、使いやすく、人に優しい機能が重要です。足や腰にモーターをつけた歩行アシスト装置や、足関節や膝関節、そして肘関節など、関節部にモーターをつけたリハビリ支援装置などいろいろな装置を研究しています。これらのモーターの力制御や位置制御の研究、そして歩行時の体重移動や足圧変化、関節角度の変化など人体挙動の測定や、筋電や脳波など生体信号の測定などを通じて、各種信号を人に優しい制御信号として用いる研究を行っています。