社会で活躍する日本工大OB·OG
改修工事の技術専門職として、お客様の要望に応えるために。
鹿島建設株式会社 勤務
佐久間俊哉さん
2003年建築学科卒業
青森・県立十和田工業高等学校出身
ゼネコンの鹿島建設で民間・公共施設の改修工事を担当しています。お客様の要望を聞きながら、工事計画の提案から予算管理、施工管理までを行います。相手が何を求めているのかを瞬時に理解し、要望に応えていくために重要なのが、やはリ「コミニュケーション」。現場で起こるトラブルにも臨機応変に対応しつつ、お客様や現場の作業員と円滑に意思疎通することが求められます。お客様との信頼関係を何よりも大切にしている理由は、学生時代の苦い経験にあリます。当時は、自己流で黙々と課題に取リ組んでいましたが、卒業設計の評価は厳しいものでした。そして卒業後、施工の現場で働くようになって初めて、学生時代の自分には「コミュニケーション」が圧倒的に足リなかったと気づかされました。現在は技術専門職として、改修工事を一任される立場。「佐久間さんだからこそお願いしたい」とお客様から信頼されるような存在をめざします。

現場監督兼営業代理として、お客様への予算やスケジュール提案も行う

鹿島建設(株)が日本工業大学の本館の耐震補強工事を担当した

PAGE TOP