社会で活躍する日本工大OB·OG
常に生徒の目線で、成長を見守っていく。
埼玉県立浦和工業高等学校 勤務
菊地優太さん
2011年情報工学科卒業
青森・県立青森工業高等学校出身
情報技術科の教員として、埼玉県内の工業高校に勤務しています。教員を志したのは高校生の頃。Webコンテンツの表現力を競う全国大会『パソコン甲子園』に部活動で出場。顧問の先生の指導のおかげで、制作物を多くの人に評価してもうら喜びを知ることができたことがきっかけでした。そこから将来、子ども達にものづくりの魅力を伝えていきたいと考えはじめ、選んだのが教員養成に注力する日本工業大学でした。大学時代に受けた教員免許取得のためのサポートはもちろんのこと、学科で学んだ知識は、生徒に教える立場になった今でも大いに役立っています。
この仕事の喜びは、何より生徒の成長を間近で見守ることができること。生徒が苦手な分野を克服したときなどは、これ以上ない喜びを生徒と共有することができます。生徒の目線に立ち、勉強面でも生活面でも悩みがあればいつでも相談できる。そんな身近で頼れる教員でいたいですね。

前任校で地元企業と連携して作成した企業PRビデオ。すべての制作工程を生徒主導で行った

生徒一人ひとリの理解度に合わせて、丁寧に指導を行っていく。菊地さんと生徒との距離感の近さがうかがえる授業風景

PAGE TOP