日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

2018年4月から3学部6学科2コースの新体制スタート

  平成30(2018)年4月、日本工業大学は3学部6学科2コースの改編で新しく生まれ変わります。
  本学は昭和42(1967)年の開学以来、実践的なエンジニアを目指す「実工学教育」を実践してきました。実験・実習・製図などの体験的学修を通して、工学の本質に迫る実践力を培うことが目的です。一人ひとりの個性を大切にした独自の教育システムを取り入れ、創意工夫にあふれ、自己研鑽・向上の精神を持った生涯学び続ける人材を育成しております。
  平成30年4月、グローバル化の進む世界、多様な課題を抱える社会、変化する人々の暮らし――。移り変わる時代の流れを受け、社会が求める人材像も大きく変化しています。本学では、こうした時代背景を踏まえて、これからの社会が求める、社会の変化に適応できる人材を育成し輩出できるよう、現在の1学部7学科を3学部6学科2コースへと改編いたします。
  基幹工学部(機械工学科、電気電子通信工学科、応用化学科)は、産業界の基幹となる機械、電気、化学の分野で求められる基礎的知識や技術を修得し、既存の技術を発展させて新たな価値を創造する実践的能力を身につけた技術者を養成することを目的としています。
  先進工学部(ロボティクス学科、情報メディア工学科)は、工学の基礎となる技術・知識の修得とともに科学技術の進歩や産業構造の変化等に対応できる力、新たな価値観に基づく先進技術を創造・開発する能力を身につけた、「ロボティクス」および「情報メディア工学」分野の先進技術者を養成することを目的としています。
  建築学部(建築学科 建築コース、建築学科 生活環境デザインコース)は、建築学の知識と技術を修得させるとともに、建築文化を継承しつつ社会の変化にも対応できる柔軟な思考力を身につけた人材を養成することを目的としています。

 

新学部・学科

■新学部学科の編成について(学部学科情報)

 

CHANGE

 

【日本工業大学の新しい学び】
  社会変化に対応できるだけでなく、新しい社会変化を生み出し、技術で価値を創造できる人材を育成するために、私達はこれまで長年取り組んできた「実工学教育」をさらに発展させました。それが ”Learning for your Evolution(進化的学び)”。一人ひとりが自分の知識や能力を的確に認識し、教養・工学基礎力・専門性を着実に身につけ、進化を実感できる。そんな教育を全学的に推し進めます。

 

新しい学び

■本件に関するお問い合わせ
日本工業大学 〒345-8501 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
教務部入試室 TEL: (0480)33−7676 FAX: (0480)33−7678(専用)
総務部広報室 TEL: (0480)33−7519 FAX: (0480)33−7525(専用)

  • 2017/04/04
  • 広報室