日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

機械システム工学専攻博士前期課程1年酒井達也君(瀧澤研究室)が日本塑性加工学会「優秀論文講演奨励賞」を受賞

 機械システム工学専攻博士前期課程1年酒井達也君(瀧澤研究室)が1月19日、日本塑性加工学会の第68回塑性加工連合講演会において「優秀論文講演奨励賞」を受賞しました。受賞論文名は「均質化法による多孔板の単軸引張特性の解析およびその検証」です。

 本研究では、均質化法を用いて多孔板(パンチングメタル)の塑性変形特性の解析を行い、得られた計算結果と単軸引張試験の結果を比較し、妥当性を確認しました。
 受賞に際し酒井君は「まだまだ研究の基礎部分については勉強不足の点があります。受賞に恥じることのないよう、これからも研究活動に精進して参ります。」とコメントしています。

 
酒井達也君

【参考】日本塑性加工学会
http://www.jstp.jp/

  • 2018/02/08
  • 広報室