日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

学生受賞に関するトピックス:小関君が自動車技術会関東支部学術研究講演会 ベスト・ペーパー賞を受賞

 3月6日(火)、公益社団法人 自動車技術会 関東支部主催「2017年度 学術研究講演会」が行われ、鈴木宏典教授(ものづくり環境学科)指導の学生が以下の賞を受賞しました。

受賞者名

ものづくり環境学科4年 小関真央君(学年は受賞時)
所属研究室 ものづくり環境学科 鈴木研究室
研究指導 鈴木宏典 教授
受賞名 ベスト・ペーパー賞
受賞題目 車群走行状態の動的推定に基づく減速予見情報呈示システムの後方車群への影響評価

石倉君

本研究では、車群走行時の追突リスク低減を目的とした、先行車の減速予見情報をドライビングシミュレータ上で視覚的に呈示するシステムが支援対象車両のみではなく後方車群も追突リスクが低減することが期待できることが示されました。また、減速予見情報を呈示するシステムと衝突被害軽減ブレーキなどの運転支援システムを併用することで追従走行などがより安全になることが期待されています。

受賞に際し小関くんは、「この度はベスト・ペーパー賞をいただき、大変有り難く思っています。このような賞をいただけたのも、熱心に指導してくださる先生方や、共に学んできた友人たちであり、心から感謝いたします。今後も多くの困難が待ち受けていると思いますが、より一層成長し、少しでも社会に貢献できるように頑張りたいと思います。また、私達が行っている研究を通して、自動運転車への技術応用、自動車の予防安全性向上などの社会貢献につなげていきたいと考えています。」とコメントしています。

【(公社) 自動車技術会 関東支部主催 学術研究講演会】
公益社団法人 自動車技術会 関東支部が主催し、自動車技術に関連する研究や開発を行う技術者・研究者・学生を対象として年1回開催され、優秀な講演を行った者を表彰しています。

(公社)自動車技術会 関東支部 学術研究講演会 
http://www.jsae.net/kanto_more/icatye/

  • 2018/04/02
  • 広報室