日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

Topic

Topics

工学部情報工学科4年(受賞当時)對馬帆南さん(松浦研究室)が「学生論文賞」を受賞

工学部情報工学科4年(受賞当時)對馬帆南さん(松浦研究室)が、ホノルルで開催された信号処理学会主催のRISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing 2018で「学生論文賞」を受賞しました。

近年、新しい交通システムとしてバイクシェアリングシステムが注目されています。このシステムでは、利用者は自転車を借りた駐輪場とは異なる駐輪場に自転車を返却することができるため、駐輪場の自転車台数に過不足が生じてしまいます。そのため、各駐輪場の自転車過不足台数を確認し、複数の自転車回収車を用いて自転車の再配置作業を行っています。本研究では、配送車の効率的な経路を決定するために、「複数の自転車回収車を用いた自転車再配置問題」を混合整数計画問題として提起し、この問題に対する局所探索法を提案しています。提案手法は短時間で移動距離が短い巡回経路を構築できる点が高く評価されました。

受賞に際し、對馬さんは「指導いただいた松浦先生、神野先生に大変感謝しています。この受賞を励みに、大学院に進学後も研究活動をもっと頑張りたいです。」とコメントしています。

 
對馬 帆南さん
  • 2018/04/05
  • 広報室