日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

WEEKDAY CAMPUS VISIT

2015年7月11日(土)に、日本工業大学で授業体験型オープンキャンパス-WEEKDAY CAMPUS VISIT-が開催されました。昨年から開始し、今回6回目となります。
今回はとことんものづくりに打ち込めるワークショップ「工房教育」の科目にも参加できるということで、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、福島県から24名の高校生が参加しました。


ガイダンスでは、4~5人のグループにわかれて最初は自己紹介。

ペアになって、体を揺らすアイスブレークのレクの後、ワーク。
「日本工業大学のイメージは?」

参加する授業 授業は下記の中から各自一つずつ選びます
■午前
「ロボット工学Ⅰ」(機械工学科)
「マイクロ・ナノ技術体験工房」(創造システム工学科)
「フィジカルコンピューティング工房」(情報工学科)
「2×4木造建築工房Ⅰ」
(建築学科・生活環境デザイン学科)
■午後
「機械加工工房Ⅴ」(機械工学科)
「型技術工房Ⅴ」(機械工学科)
「フォーミュラ工房Ⅴ」(機械工学科)
「マイコン応用回路工房Ⅱ」(電気電子工学科)
「ものづくり広場入門」(全学科共通)


2×4木造建築工房Ⅰでは、制作物の案について、
みんなで知恵を出し合っています。
フィジカルコンピューティング工房では、
プログラムを作成してドローンを飛ばしています。

フォーミュラ工房Ⅴでは、制作物のポイントについて、
まず、説明を受けています。
マイクロ・ナノ技術体験工房では、
学生の成果発表会でした。

マイコン応用回路工房Ⅱでは、
回路をうまく動かす課題にチャレンジ。
ものづくり広場入門では、
制作物の試験をしています。

機械加工工房Ⅴでは、制作の様子を見学した後、
背景について先生から講義を受けました。
型技術工房Ⅴでは、
3次元CADで実際に図面を描いてみました。

授業の後は、振り返り。授業の様子や勉強してわかったことをグループのメンバーに発表。
さらに、WEEKDAY CAMPUS VISIT に参加して気付いたことをシェアします。

参加者からの感想
参加した皆さんにとって、有意義な1日となったようです。

参加者からの感想は、
  • 思った通り高校の応用を学ぶことができた。想像していたのとは違って先生から優しいアドバイスをもらいつつ授業を受けられたので楽しかった。(高3男子)
  • 楽しかった。大変そうだと思ったけどそれ以上にやりがいがありそうと感じた。今まで考えていなかった学科に興味が出てきた。(高3女子)
  • オープンキャンパスに来た時から良い雰囲気の大学と思っていたが、授業の雰囲気や内容を知ることができ、さらに印象が良くなった。大学生の実際に勉強する姿を見て自分の大学生活が想像できた。(高3男子)
  • 大学の雰囲気がとてもよくわかりました。学生の授業に対する姿勢がとても真面目で、何より授業が楽しかった。施設もしっかりしていて良かった。もっと専門の勉強をしたくなりました。(高3女子)
  • 質問のしやすい学生が多くて良かった。授業が面白かった。女子が意外に多かった。(高3女子)

日本工業大学 教務部入試室
〒345-8501 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
0120-250-267    E-mail:nyu-shi@nit.ac.jp