日本工業大学 NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY

文字サイズ

WEEKDAY CAMPUS VISIT

2016年7月9日(土)に、日本工業大学で授業体験型オープンキャンパス-WEEKDAY CAMPUS VISIT-が開催されました。
今回はとことんものづくりに打ち込めるワークショップ「工房教育」の科目にも参加できるということで、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、長野県から18名の高校生が参加しました。


ガイダンスでは、3~4人のグループにわかれて最初は自己紹介。

自己紹介、アイスブレークのレクの後、ワーク。
「日本工業大学のイメージは?」

参加する授業 授業は下記の中から各自一つずつ選びます
■午前
「ロボット工学Ⅰ」(機械工学科)
「機械加工工房Ⅰ」(機械工学科)
「マイクロ・ナノ技術体験工房」(創造システム工学科)
「フィジカルコンピューティング工房Ⅰ」(情報工学科)
「2×4木造建築工房Ⅰ」
(建築学科・生活環境デザイン学科)
■午後
「機械加工工房Ⅴ」(機械工学科)
「型技術工房Ⅴ」(機械工学科)
「マイコン応用回路工房Ⅱ」(電気電子工学科)
「ものづくり広場入門」(全学科共通)



フィジカルコンピューティング工房Ⅰでは、プログラム作成について学んでいます。
先生と一緒に、学生達も優しく丁寧に教えてくれます。


ものづくり広場入門では、学生達の制作する様子を見学したり、
先生方からものづくりの基礎となる技術の説明を受けたりしました。

ロボット工学Ⅰでは、ロボットを制作する為に必要な理論の説明を、講義形式で受けました。
マイクロ・ナノ技術体験工房では、学生の成果発表を聞きました。
マイコン応用回路工房Ⅱでは、回路の動く仕組みを学んだり、学生達の取り組んでいる問題を見学。
機械加工工房(Ⅰ・Ⅴ)では、制作の様子を見学した後、背景について先生から講義を受けました。
型技術工房Ⅴでは、3次元CADの説明や体験をしました。


授業の後は、振り返り。授業の様子や勉強してわかったことをグループのメンバーに発表。
さらに、WEEKDAY CAMPUS VISIT に参加して気付いたことをシェアします。

参加者からの感想
参加した皆さんにとって、有意義な1日となったようです。

参加者からの感想は、
  • 設備等が充実していて、来る前より日本工業大学のイメージが上がった。(高3男子) ・実際に体験してみないとわからなかった部分がわかり、これからの進路決定にとても役に立った。(高3男子)
  • 高校までの授業とは違い驚くことが多かったです。今回のような機会が多くあるといいなと思いました。(高3男子)
  • ワーク等で、初めて会う人と関わったので、コミュニケーションの大切さに気付いた。コミュニケーション能力を磨こうと思った。(高3男子)
  • 大学についてより詳しく知ることができた。色々な大学を見て大学選びをしようと思った。(高3男子)
  • 学生のリアルな生活や授業をみることができました。学校を選ぶのにとても良かったと思います。(高3女子)

日本工業大学 教務部入試室
〒345-8501 埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1
0120-250-267    E-mail:nyu-shi@nit.ac.jp